重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > 県政情報 > 採用(県職員・教員・警察・会計年度任用職員(非常勤)) > 県職員・警察官採用 > 栃木県職員・警察官採用情報 > 受験案内(県職員(大学卒業程度)採用試験〔総合土木、心理〕(追加募集))

更新日:2021年8月31日

ここから本文です。

受験案内(県職員(大学卒業程度)採用試験〔総合土木、心理〕(追加募集))

令和3(2021)年度栃木県職員(大学卒業程度)採用試験〔総合土木、心理〕(追加募集)

  • 募集職種:総合土木、心理
  • 受付期間:9月13日(月曜日)8時30分~10月4日(月曜日)17時15分 ※インターネット申込みのみ
  • 第1次試験日:10月24日(日曜日)(会場:栃木県庁研修館)
  • 採用予定日:令和4(2022)年4月1日

 受験案内(PDF:346KB)


  1. 職種、採用予定人員等
  2. 受験資格
  3. 試験の日時、場所及び合格者発表
  4. 試験の種目、配点及び内容
  5. 第1次試験の出題分野 
  6. 申込方法

 1. 職種、採用予定人員等

県職員(大学卒業程度)採用予定人員
職種 採用予定人員
総合土木 15名程度
心理 4名程度

 

ページの先頭へ戻る

 2. 受験資格

県職員(大学卒業程度)受験資格
職種 受験資格
総合土木 平成4(1992)年4月2日から平成12(2000)年4月1日までに生まれた人(※)
心理 平成元(1989)年4月2日から平成12(2000)年4月1日までに生まれた人(※)

(※)平成12(2000)年4月2日以降に生まれた人で、学校教育法に基づく大学(短期大学を除く。)を卒業した人及び令和4(2022)年3月31日までに卒業見込みの人(栃木県人事委員会が同等の資格があると認める人を含む。)も受験できます。

  • ただし、次の各号のいずれかに該当する人は受験できません。
    (1) 日本の国籍を有しない人
    (2) 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人
    (3) 栃木県職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない人
    (4) 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した人

ページの先頭へ戻る

 3. 試験の日時、場所及び合格者発表

県職員(大学卒業程度)試験日程
区分 日時 場所 合格者発表
第1次試験 10月24日(日曜日) 受付 8時00分~8時45分
教養試験、専門試験
栃木県庁研修館 10月29日(金曜日)予定
第2次試験

論文試験:10月24日(日曜日)
※第1次試験日に第1次試験と併せて実施

口述試験1.・口述試験2.・適性検査
11月18日(木曜日)、11月19日(金曜日)

(第1次合格者数に応じて指定します。)

栃木県庁研修館

12月3日(金曜日)予定

ページの先頭へ戻る

 4. 試験の種目、配点及び内容

県職員(大学卒業程度)試験種目
区分 種目 配点 内容
第1次試験 教養試験 50点

公務員として必要な一般的知識及び知能について、択一式の筆記試験を行います。(解答時間120分。40題必須解答。)
試験の程度は大学卒業程度で、出題分野は「5. 第1次試験の出題分野」のとおりです。

専門試験 50点 各職種に応じた専門的知識及び能力について、択一式の筆記試験を行います。(解答時間120分。総合土木は40題必須解答、心理は30題必須解答。)
出題分野は「5. 第1次試験の出題分野」のとおりです。
第2次試験 論文試験 50点 公務員として必要な表現力、論理性等について、記述式による筆記試験を行います。(解答時間90分。1,100字程度。)
前回(令和3(2021)年度)課題:地域活性化対策について
口述試験1. 110点 あらかじめ提示した課題について、受験者1名当たり2分程度(1グループ5名程度)で企画提案をした後、受験者間で質疑応答等を行う集団試験を行います。(約40分)
前回(令和3(2021)年度)課題:脱炭素社会の構築を推進する取組について
口述試験2. 240点 主として人物について、個別面接試験を行います。(約30分)
適性検査 配点なし 公務員として必要な素質及び適性を有するかについて検査します。
資格調査 配点なし 受験資格の有無、申込書記載事項の真否等について調査します。

(備考)
 最終合格者は、第1次試験の得点と第2次試験の得点を合計した総合得点の高い順に決定します。ただし、試験職種ごとに合格基準を定めており、この基準に達しない場合は、他の試験の得点にかかわらず不合格となります。
 論文試験は第1次試験日に実施しますが、採点は第2次試験で行いますので、第1次合格者の論文についてのみ採点します。また、第1次試験日に論文試験を受験しなかった場合は、第1次試験を不合格とします。

ページの先頭へ戻る

 5. 第1次試験の出題分野

 県職員(大学卒業程度)の教養試験出題分野
職種 出題分野
全職種共通 社会科学、人文科学、自然科学、文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈

 

 県職員(大学卒業程度)の専門試験出題分野
職種 出題分野
総合土木

数学・物理、応用力学、水理学、土質工学、測量、材料・施工、土木計画(都市計画を含む)、農業水利・土地改良、農業土木構造物

心理 一般心理学(心理学史、発達心理学、社会心理学を含む)、応用心理学(教育心理学、産業心理学、臨床心理学)、調査・研究法、統計学

  試験問題(教養試験及び専門試験)の一部例題を各3題公表しています。

ページの先頭へ戻る

 6. 申込方法

インターネット申込み

  • 受付期間:9月13日(月曜日)8時30分~10月4日(月曜日)17時15分(受信有効)
  • インターネットを利用できない方は、9月24日(金曜日)正午までに栃木県人事委員会事務局(TEL:028-623-3313)にお問い合わせください。  

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

人事委員会事務局

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎南館1階

電話番号:028-623-3313

ファックス番号:028-623-3318

Email:jinjiiin@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告