ホーム > 申請・手続き > 警備業に関するお知らせ > 警備員直接検定の実施について

更新日:2021年6月4日

ここから本文です。

警備員直接検定の実施について


栃木県公安委員会告示第27号

警備業法(昭和47年法律第117号。以下「法」という。)第23条第1項に規定による検定を次のとおり実施するので、警備員等の検定等に関する規則(平成17年国家公安委員会規則第20号。以下「規則」という。)第7条の規定により公示する。

 令和3年6月4日     

                                 栃木県公安委員会委員長   蓬 田 勝 美

1  検定を実施する警備業務の種別及び級、定員、実施日、実施場所

  (1)  雑踏警備業務2級

         定員    10人

         実施日 学科試験 令和3年9月6日(月)(午前9時30分受付開始)

         場所       栃木県宇都宮市塙田1丁目1番20号栃木県警察本部3階会議室

    実施日 実技試験 令和3年9月20日(月)(午前9時00分受付開始) 

       場所       栃木県鹿沼市下石川681番地栃木県運転免許センター

  (2)  交通誘導警備業務2級

         定員       10人

         実施日 学科試験   令和3年9月6日(月)(午後1時30分受付開始)

    場所     栃木県宇都宮市塙田1丁目1番20号栃木県警察本部3階会議室

    実施日    実技試験   令和3年9月20日(月)(午後1時00分受付開始)

         場所        栃木県鹿沼市下石川681番地栃木県運転免許センター

2  受験資格者

     栃木県内に住所を有する者又は栃木県内の営業所に属している警備員

3  検定の方法

     検定は学科試験及び実技試験とし、初めに学科試験を実施し学科試験が合格基準に至らなかった者に対しては、実技試験を行わない。

4  試験科目

  (1)  雑踏警備業務2級

    学科試験

          ○  警備業務に関する基本的な事項。

          ○  法令に関すること。

          ○  雑踏の整理に関すること。

          ○  人の雑踏する場所における負傷等の事故が発生した場合における 応急の措置に関すること。

    実技試験

          ○  雑踏の整理に関すること。

          ○  人の雑踏する場所における負傷等の事故が発生した場合における 応急の措置に関すること。

  (2)  交通誘導警備業務2級

         学科試験

          ○  警備業務に関する基本的な事項。

          ○  法令に関すること。

          ○  車両等の誘導に関すること。

          ○  工事現場その他人又は車両の通行に危険のある場所における負傷 等の事故が発生した場合における応急の措置に関すること。

         実技試験
          ○  車両等の誘導に関すること。

          ○  工事現場その他人又は車両の通行に危険のある場所における負傷等の事故が発生した場合における応急の措置に関すること。

5 検定申請の手続き

  (1)   検定申請の受付期間

          令和3年8月4日(水)及び8月5日(木)の2日間

   両日とも午前9時00分から午後5時15分まで。

  (2)   検定申請書の提出先

          申請者の住所地を管轄する警察署又は申請者が警備員である場合は、その者が属する営業所の所在地を管轄する警察署。

         なお、検定申請の受付は先着順とし、受検定員に達した時点で受付を締切る。

         また、申請は受検者本人が行うこととし、郵送等による検定申請書の提出や電話等による予約、代理人による申請は認めない。

   (3)  検定申請に必要な書類等(種別ごとに)

    ア 検定申請書 1通 

       イ 次の書面のうち該当するもの 1通

           (ア)  栃木県内に住所を有する者については、住所地を疎明する書面(住民票の写し、運転免許証の写し等) 1通

           (イ)  所属営業所が栃木県内の警備員については、当該営業所に属することを疎明する書面(営業所所属証明書) 1通

                  但し、栃木県内に住所を有する者であって、栃木県内の営業所に所属する警備員にあっては、上記(ア)又は(イ)に 掲げる書面

        ウ  写真2葉  

              但し、申請前6月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景、縦3.0センチメートル、横2.4センチメートルの写真で、その裏面に氏名及び撮影年月日を記入したもの。

6  受検手数料及び納付方法

   (1)  検定申請書提出時に、検定申請書提出先警察署の生活安全課において、検定の種別に相当する額の栃木県収入証紙により納付する。

   なお、既納の手数料はいかなる理由があろうとも返納しない。

   (2)  検定手数料

         雑踏警備業務2級         13,000円

         交通誘導警備業務2級  14,000円

7  受検票の持参

      検定申請書を提出した警察署から後日、受検票が交付されるので、検定当日持参すること。

      検定日当日、受検票を持参しなかった者については検定を受検することができない。

8  その他

   (1)  受検者は、各種検定日当時の受付開始時刻までに会場に集合すること。

   (2)  受検に際しては、筆記具(鉛筆、シャープペン、消しゴム等)を持参すること。

   (3)  検定申請申込み受付後、受検申込者の都合により当該受検を欠席する場合には、必ず事前に栃木県警察本部生活安全部生活環境課(電話028-621-0110)まで連絡すること。

   (4)  問い合わせ先

          検定に関する問い合わせは、平日の午前9時から午後5時15分の間に栃木県警察本部生活安全部生活環境課に対して行うこと。

お問い合わせ

生活安全部生活環境課

〒320-8510 宇都宮市塙田1-1-20 警察本部庁舎

電話番号:028-621-0110(代表)