トップページ > 母子保健情報 > その他

その他

総合周産期母子医療センター

 合併症をもつ妊婦や低出生体重児を出産する危険性のある妊婦及び病気や極低出生体重の赤ちゃんのために、栃木県では獨協医科大学病院(壬生町)と自治医科大学附属病院(下野市)に総合周産期母子医療センターを設置しています。
 このセンターを退院した後も、県の健康福祉センターや宇都宮市の保健師による子育て相談のための家庭訪問や健康相談を実施し、安心して出産、子育てができる体制が整備されています。

とちぎ子ども医療センター

 子どもに高度で専門的な医療を提供するため、獨協医科大学病院と自治医科大学附属病院に「とちぎ子ども医療センター」を設置しています。
 獨協医科大学とちぎ子ども医療センターでは、白血病などの「血液疾患」、成長障害などの「内分泌疾患」に対する高度専門医療機能を中心として、高次小児医療全般にわたる医療を提供しています。
 また、自治医科大学とちぎ子ども医療センターでは、これまで県内での手術対応が困難であった「先天性心疾患」や医療需要が増大している「発達障害」「精神・心理疾患」に対する高度専門医療機能を中心として、高次小児医療全般にわたる医療を提供しています。

かかりつけ医との上手なつきあい方

かかりつけ医とは

 「かかりつけ医」というのは、こどもの成長や病気のことを気軽に相談でき、病気やケガの時だけでなく、普段から健康や成長についても相談に応じてもらえるお医者さんのことです。
 「かかりつけ医」は、病気になったりケガをしたりしてからはじめて探すのではなく、前もって選定しておくことが大切です。

かかりつけ医を持つメリット

病気の早期発見・早期治療
お子さんの普段からの体調、生活習慣、病歴等を把握していますので、ちょっとした異変でも早期に発見し、病気の進行をくい止めることができます。
専門医への連携
入院や精密検査、高度な治療が必要な場合には、適切な医療機関や専門医を紹介してくれます。
気軽にかかれる
比較的待ち時間が短く、受診の手続きも簡単です。病気以外でも健康や子育てに不安を感じたときは気軽に相談に乗ってくれます。

かかりつけ医の探し方

 「かかりつけ医」を選ぶ条件として、「身近にある」ことが重要です。「具合が悪いな?」と思ったときに、どんな病気でもまっ先に相談できるお医者さんが身近にいれば、状況に適した医療を円滑かつ迅速に受けられます。
 探し方は、市町や医師会等に問い合わせたり、近所の方や職場の方からの情報を得ることが考えられます。また、県では病院や診療所をいろいろな条件で検索できる「とちぎ医療情報ネット」をホームページに公開していますので、インターネットを利用して探すことも一つの方法です。

とちぎ医療情報ネット

 病院、診療所、歯科診療所などをいろいろな条件で検索できます。
 ☆ホームページ http://www.qq.pref.tochigi.lg.jp/
 ☆モバイル版 http://www.qq.pref.tochigi.lg.jp/kt/

こどもの救急ホームページ

 日本小児科学会が監修した救急&予防サイトです。
 お子さんの症状ごとに、医療機関を受診する必要があるかどうかの判断の目安を提供します。
 ☆ホームページ http://kodomo-qq.jp/