トップページ > 保育・幼児教育情報 > 教育・保育施設について

教育・保育施設について

教育・保育施設について

1 どんな施設があるの?

  • 幼稚園

     ・ 小学校以降の教育の基礎をつくるための幼児期の教育を行う学校です。

  • 認定こども園

     ・ 幼保連携型・保育所型・幼稚園型・地方裁量型の認定こども園があります。
     ・ 幼稚園と保育所の機能や特徴を併せ持ち、地域の子育て支援も行う施設です。

  • 保育所

     ・ 就労などのため家庭で保育のできない保護者に代わって保育する児童福祉施設です。

  • 地域型保育事業

     ・ 家庭的保育事業・小規模保育事業・居宅訪問型保育事業・事業所内保育事業があります。

     ・ 保育所より少人数の単位で、低年齢児を保育する事業であり、市町村が認可します。

  •  認可外保育施設

     ・ 自治体から認可を受けていない保育施設です。

     ・ 地域の子どもを預かる託児施設のほかに、従業員の子どもを 預かる託児施設などもあります。

     ・ 平成28年度からは企業主導型保育事業も始まりました。詳しくは施設にお問い合わせください。

     ・ 厚生労働省の「よい保育施設の選び方 十か条」を参考に保育施設を選びましょう。  

2 何歳から入れるの?

  • 幼稚園 ・・・ 満3歳から小学校就学前まで
  • 認定こども園 ・・・ 0歳から小学校就学前まで(3歳未満は保育認定を受けていることが必要)
  • 保育所 ・・・ 0歳から小学校就学前まで
  • 地域型保育事業 ・・・ 0歳から2歳まで

3 どんな手続きが必要なの?
   教育・保育施設の利用を希望する場合は、お住まいの市町村から利用のための支給認定(教育・保育認定)を受ける必要があります。

   

  ◯幼稚園や認定こども園を利用したい場合 ⇒ 教育認定(1号認定)
    ① 幼稚園などの施設に直接申込を行います。
    ↓
    ② 施設から入園の内定を受けます。
    ↓
    ③ 施設を通じて市町村に認定を申請します。
    ↓
    ④ 施設を通じて市町村から認定証が交付されます。
    ↓
    ⑤ 施設と契約します。

  ※ なお、私学助成を受ける幼稚園の利用をご希望の場合は、支給認定を受けずに施設と直接契約することになります。詳しくは、幼稚園にお問い合わせください。

  

  ◯保育所や認定こども園、地域型保育事業を利用したい場合 ⇒ 保育認定(2号・3号認定)
    ① 市町村に直接認定を申請します。(③も同時にできます。)
    ↓
    ② 市町村が「保育の必要性」※1を認めた場合、認定証が交付されます。
    ↓ 
    ③ 市町村に保育所などの利用希望の申込をします。
    ↓
    ④ 申請者の希望、保育所等の状況に応じ、保育の必要性の程度を踏まえ市町村が利用調整※2をします。
    ↓
    ⑤ 利用先の決定後、契約となります。

  • ※1「保育の必要性」とは? 

    次のいずれかに該当することが必要です。

    ・就労

    ・妊娠、出産

    ・保護者の疾病、障害

    ・同居又は長期入院等している親族の介護・看護

    ・災害復旧

    ・求職活動

    ・就学

    ・虐待やDVのおそれがあること

    ・育児休業取得中に、すでに保育を利用している子どもがいて継続理由が必要であること

    ・その他、上記に類する状態として市町村が認める場合

  •  ※2 利用調整とは?
     市町村が定める基準に基づき、保護者の状況などに応じ保育の必要性などから優先順位をつけ、利用する施設などの調整を行うことです。ひとり親家庭、生活保護世帯、生計中心者の失業、お子さんに障害がある場合などには、保育の優先的な利用が必要と判断される場合があります。

4 申し込みの時期はいつ?

  • 幼稚園・認定こども園(教育認定の場合)

     4月からの入園は、前年9月上旬から募集案内をして申し込みを受け付けています。(地区によって受付時期が異なります。)その他の時期の入園は、随時受け付けています。(園により異なります。)

    満3歳児入園(満3歳児の誕生日を迎えた後の年度途中の入園)については、各園にお問い合わせください。

  • 保育所・認定こども園・地域型保育事業(保育認定の場合)

    4月からの入所は、前年の9~12月頃に募集案内をして申し込みを受け付けています。(市町によって時期が異なります。)その他、必要な時にいつでも申し込みできます。

5 保育料は月額でどのくらい?
   ◯支給認定を受けている場合
    ・世帯の所得の状態とお子さんの年齢によって、市町が保育料を決定します。(市町村によって保育料は異なります。)

    ・一般的には、3歳以上児で2~3万円、3歳未満児で4~5万円です。

   ※ 同一世帯から2人以上のお子さんが保育所等に入園している場合、保育料が2人目のお子さんは半額、 3人目以降のお子さんは無料となります。
   ※ 原則として生計を一つにする同一世帯で3人以上お子さんがいる家庭は、保育所等に入所する3歳未満の3人目以降のお子さんの保育料が免除となります。

   ◯私学助成を受ける幼稚園を利用している場合 ※支給認定を受けていない場合

    ・幼稚園が定めますので、幼稚園ごとに異なります。一般的には保育料と諸費を含めて2~3万円程度です。また、世帯の所得の状況等に応じて就園奨励費補助金が交付されます。

6 保育時間はどれくらい?
   ◯教育認定を受けている場合 ※私学助成を受ける幼稚園を利用している場合を含む。

    ・一日4時間を標準時間としています。

    ・通常の保育時間終了後、午後6時頃まで引き続き園児を預かる「預かり保育」を行っている幼稚園が多くあります。園によっては、朝7~8時頃開始の早朝預かりも実施しています。


   ◯保育認定を受けている場合

    ・利用可能な時間は、1日8~11時間です。(11時間の利用は、保育標準時間の保育認定の場合)

    ・保育所等は、一般的には、午前7時30分頃~午後6時30分頃まで開所しています。

7 給食は出るの?
   ◯教育認定を受けている場合 ※私学助成を受ける幼稚園を利用している場合を含む。

    ・多くの幼稚園等は給食(仕出し弁当含む。)を実施しています。詳しくは幼稚園にお問い合わせください。

   ◯保育認定を受けている場合

    ・3歳未満児は完全給食で、3歳児以上は主食だけ持参します。(完全給食を行っている施設もあります。)

    ・給食費は保育料に含まれます。

8 休みの日はあるの?
   ◯教育認定を受けている場合 ※私学助成を受ける幼稚園を利用している場合を含む。

    ・土曜日、日曜日、祝日、年末年始はお休みです。

    ・春休み、夏休み、冬休みがあります。(秋休みがある幼稚園もあります。)

  ◯保育認定を受けている場合

    ・原則、日曜日、祝日、年末年始はお休みです。