トップページ > 子育てに関する相談 > 地域の身近な相談員・ボランティア

地域の身近な相談員・ボランティア

母子保健推進員

地域のなかの子育て経験をもつ人たちが市町からの依頼を受け、妊娠中のことや赤ちゃんの世話の仕方などに関して、妊婦さんや子育て中のお母さんからの相談にあたっています。妊娠中の健診の受け方や、赤ちゃんの世話の仕方、離乳食の作り方や乳幼児健診、予防接種の受け方、お母さんと赤ちゃんの健康上のことなど、気軽にご相談ください。
問い合わせ
県こども政策課 TEL:028-623-3064・FAX:028-623-3070
または市町母子保健担当課

家庭教育オピニオンリーダー

家庭教育オピニオンリーダーとは?
市や町の子育て支援センターや公民館において、子育て中の保護者を支援するための地域に根ざした活動を行っています。全員が県教育委員会の研修を修了しています。
どんな活動をしているの?
  • 家庭教育に関する学習会の実施や相談活動(子どものしつけや発育、家族のコミュニケーション 等)
  • 家族ふれあい活動(リズム体操、お菓子作り 等)
  • 保護者のネットワークづくり(子育てサロン 等)
この他にも様々な活動を行っていますので、気軽にご参加ください。
問い合わせ先
県教育委員会事務局生涯学習課
TEL:028-623-3404 FAX:028-623-3406

民生委員・児童委員、主任児童委員

民生委員・児童委員とは?
民生委員・児童委員は子育てや福祉に関する相談相手です。民生委員は児童委員を兼ねています。
どんな活動をしているの?
  • 子どもたちが元気に安心して暮らせるように、子どもたちを見守り、子育ての不安や悩み(例えば発達の遅れ、身体の障害、養育の費用、いじめなど)、妊娠中の心配ごとなどの相談、支援を行っています。
  • どんな福祉制度や子育て支援サービスが受けられるかご紹介し、必要なサービスが受けられるよう、関係機関との「つなぎ役」になります。
  • 相談を受けると主任児童委員、市町健康福祉センターの保健福祉部門、児童相談所などと協力して、問題の解決・連絡調整にあたります。
主任児童委員とは?
一部の児童委員は、児童に関することを専門的に担当する「主任児童委員」がいます。主任児童委員は関係機関や児童委員と連携して子どもや子育て家庭への支援等を行っています。
問い合わせ先
県保健福祉課
TEL:028-623-3102 FAX:028-623-3131
または市町児童福祉担当課

NPOによる子育て支援活動

   
NPOとは?
継続的、自発的に社会貢献活動を行う、営利を目的としない団体の総称です。この中には、特定非営利活動促進法に基づき法人格が付与された特定非営利活動法人(NPO法人)も含まれます。こうしたNPOの中には、子育て支援関連の事業を行っている団体もあります。
NPOの情報を知りたいときは?
栃木県公式ホームページ内の「NPO法人関連情報」では、県が認証したNPO法人の名称や代表者の氏名、事務所の所在地、活動分野及び目的などを掲載しています。また、「内閣府NPOホームページ」では全国のNPO法人の定款や事業報告書もご覧いただけます。 さらに、県が設置する「とちぎボランティアNPOセンター(愛称:ぽ・ぽ・ら)」では、NPO法人だけでなくボランティア団体等の情報も得ることができます。
 

【問い合わせ先】
栃木県県民生活部県民文化課
TEL:028-623-3422 FAX:028-623-2121
【問い合わせ先】
とちぎボランティアNPOセンター「ぽ・ぽ・ら」
TEL:028-623-3455 FAX:028-623-3465