○栃木県青年の家設置、管理及び使用料条例

昭和35年3月30日

栃木県条例第5号

栃木県青年の家設置、管理及び使用料条例をここに公布する。

栃木県青年の家設置、管理及び使用料条例

(設置)

第1条 団体宿泊訓練を通じて勤労青年の技術教育、職業教育あるいは野外活動その他各種の教育を行い、健全な青年の育成を図るための社会教育施設として、栃木県青年の家(以下「青年の家」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 青年の家の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

栃木県芳賀青年の家

芳賀郡益子町

(昭36条例22・昭38条例14・昭39条例47・昭43条例21・平2条例19・平10条例17・平17条例68・平18条例58・一部改正)

(所長その他の職員)

第3条 青年の家に、所長その他必要な職員を置く。

2 所長は、青年の家の管理及び運営に関する事務を所掌する。

(昭39条例47・全改)

(許可)

第4条 青年の家を利用しようとする者は、あらかじめ栃木県教育委員会(以下「教育委員会」という。)の許可を受けなければならない。

(昭35条例20・旧第3条繰下)

(許可の基準)

第5条 教育委員会は、青年の家の利用が次の各号の一に該当すると認めたときは、前条の許可をしてはならない。

(1) もっぱら営利を目的として活動をするとき。

(2) 特定の政党の利害に関する活動を行うとき。

(3) 特定の宗教を支持し、又は特定の宗派、教派若しくは教団を支持する活動を行うとき。

(4) 長期にわたる継続利用又は反復利用により他の利用をさまたげるとき。

(昭35条例20・旧第4条繰下)

(条件)

第6条 教育委員会は、第4条の規定により許可をする場合においては、条件を付することができる。

(昭35条例20・旧第5条繰下、昭37条例6・一部改正)

(遵守事項)

第7条 第4条の許可を受けて青年の家を利用する者(以下「利用者」という。)は、青年の家の利用にあたっては、教育委員会が別に定める事項を守らなければならない。

(昭35条例20・旧第6条繰下、昭37条例6・一部改正)

(使用の停止等)

第8条 教育委員会は、利用者が次の各号の一に該当するときは、その利用を停止し、又は第4条の許可を取り消すことができる。

(1) この条例又はこの条例に基く規則に違反したとき。

(2) 第4条の許可の条件に違反したとき。

(昭35条例20・旧第7条繰下、昭37条例6・一部改正)

(使用料)

第9条 利用者は、別表により計算した額の使用料を納付しなければならない。

(昭35条例20・旧第8条繰下)

(原状回復)

第10条 利用者が青年の家の施設又は設備を破損し、又は紛失した場合には、当該施設又は設備を破損し、又は紛失した者又はその団体の責任者は、教育委員会の指示するところにより原状に回復しなければならない。

(昭35条例20・旧第9条繰下)

(委任)

第11条 この条例に定めるもののほか、青年の家の管理運営について必要な事項は、教育委員会が別に定める。

(昭35条例20・旧第10条繰下)

この条例は、公布の日から起算して4月をこえない範囲内で、知事が別に定める日から施行する。

(昭和35年規則第43号で昭和35年6月1日から施行)

(昭和35年条例第20号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行し、昭和35年6月1日から適用する。

(昭和35年条例第47号)

この条例は、公布の日から施行する。

(昭和36年条例第22号)

この条例は、公布の日から起算して3月をこえない範囲内において知事が規則で定める日から施行する。

(昭和36年規則第50号で昭和36年6月1日から施行)

(昭和37年条例第6号)

(施行期日)

1 この条例は、昭和37年4月1日から施行する。

(昭和38年条例第14号)

この条例は、昭和38年4月1日から施行する。

(昭和39年条例第47号)

この条例は、昭和39年4月1日から施行する。

(昭和40年条例第29号)

この条例は、昭和40年4月1日から施行する。

(昭和41年条例第26号)

1 この条例は、公布の日から施行する。

2 この条例施行の際、現にこの条例の施行の日前から引き続き青年の家を利用している者に対する使用料については、なお従前の例による。

(昭和43年条例第21号)

この条例は、昭和43年4月1日から施行する。

(昭和51年条例第11号)

(施行期日)

1 この条例は、昭和51年4月1日から施行する。

(公の施設の使用料の改定に伴う経過措置)

3 昭和51年3月31日から昭和51年4月1日にかけて宿泊施設に宿泊する者に係る当該施設の使用料は、なお従前の例による。

(昭和56年条例第7号)

(施行期日)

1 この条例は、昭和56年4月1日から施行する。

(公の施設の使用料の改定に伴う経過措置)

6 施行日の前日から施行日にかけて栃木県青年の家設置、管理及び使用料条例、栃木県林業センター設置、管理及び使用料条例、栃木県和楽荘設置、管理及び使用料条例、栃木県勤労者休養施設設置、管理及び使用料条例、栃木県婦人の家条例又は栃木県農業短期大学校条例に規定する宿泊施設に宿泊する者の当該宿泊に係る使用料については、なお従前の例による。

(昭和59年条例第8号)

(施行期日)

1 この条例は、昭和59年4月1日から施行する。

(公の施設の使用料の改定に伴う経過措置)

6 施行日の前日から施行日にかけて栃木県青年の家設置、管理及び使用料条例、栃木県林業センター設置、管理及び使用料条例、栃木県和楽荘設置、管理及び使用料条例、栃木県勤労者休養施設設置、管理及び使用料条例、栃木県母子福祉センター設置、管理及び使用料条例、栃木県婦人の家条例又は栃木県農業短期大学校条例に規定する宿泊施設に宿泊する者の当該宿泊に係る使用料については、なお従前の例による。

(昭和62年条例第8号)

(施行期日)

1 この条例は、昭和62年4月1日から施行する。

(公の施設の使用料の改定に伴う経過措置)

8 施行日の前日から施行日にかけて栃木県青年の家設置、管理及び使用料条例、栃木県和楽荘設置、管理及び使用料条例、栃木県勤労者休養施設設置、管理及び使用料条例、栃木県青少年野外活動センター設置、管理及び使用料条例、栃木県母子福祉センター設置、管理及び使用料条例、栃木県婦人の家条例、栃木県立少年自然の家条例及び栃木県障害者保養センター那珂川苑設置、管理及び使用料条例に規定する施設に宿泊する者の当該宿泊に係る使用料については、なお従前の例による。

(平成元年条例第13号)

(施行期日)

1 この条例は、平成元年4月1日から施行する。

(使用料の改定に伴う経過措置)

3 施行日の前日から施行日にかけて栃木県青年の家設置、管理及び使用料条例、栃木県林業センター設置、管理及び使用料条例、栃木県和楽荘設置、管理及び使用料条例、栃木県勤労者休養施設設置、管理及び使用料条例、栃木県青少年野外活動センター設置、管理及び使用料条例、栃木県母子福祉センター設置、管理及び使用料条例、栃木県婦人の家条例、栃木県立少年自然の家設置、管理及び使用料条例、栃木県県民の森条例、栃木県都市公園条例及び栃木県障害者保養センター那珂川苑設置、管理及び使用料条例に規定する施設に宿泊する者の当該宿泊に係る使用料については、なお従前の例による。

4 施行日前に許可を受けて、栃木県青年の家設置、管理及び使用料条例、栃木県林業センター設置、管理及び使用料条例、栃木県行政財産使用料条例、栃木県土上平放牧場設置、管理及び使用料条例、栃木県和楽荘設置、管理及び使用料条例、栃木県体育館設置、管理及び使用料条例、栃木県勤労者休養施設設置、管理及び使用料条例、栃木県青少年野外活動センター設置、管理及び使用料条例、栃木会館設置、管理及び使用料条例、栃木県母子福祉センター設置、管理及び使用料条例、栃木県婦人の家条例、栃木県立少年自然の家設置、管理及び使用料条例、栃木県県民の森条例、栃木県都市公園条例、栃木県ライフル射撃場設置、管理及び使用料条例、栃木県産業会館設置、管理及び使用料条例、栃木県障害者保養センター那珂川苑設置、管理及び使用料条例及び栃木県立宇都宮産業展示館設置、管理及び使用料条例に規定する施設等を使用し、又は利用する者の当該使用又は利用に係る使用料については、なお従前の例による。

(平成2年条例第19号)

この条例は、平成2年4月1日から施行する。

(平成5年条例第7号)

(施行期日)

1 この条例は、平成5年4月1日から施行する。

(公の施設の使用料の改定に伴う経過措置)

6 施行日の前日から施行日にかけて栃木県青年の家設置、管理及び使用料条例、栃木県林業センター設置、管理及び使用料条例、栃木県和楽荘設置、管理及び使用料条例、栃木県勤労者休養施設設置、管理及び使用料条例、栃木県青少年野外活動センター設置、管理及び使用料条例、栃木県母子福祉センター設置、管理及び使用料条例、栃木県婦人の家条例、栃木県立少年自然の家設置、管理及び使用料条例、栃木県県民の森条例、栃木県都市公園条例及び栃木県障害者保養センター那珂川苑設置、管理及び使用料条例に規定する宿泊施設に宿泊する者の当該宿泊に係る使用料については、なお従前の例による。

7 施行日前に許可を受けて、栃木県青年の家設置、管理及び使用料条例、栃木県林業センター設置、管理及び使用料条例、栃木県和楽荘設置、管理及び使用料条例、栃木県勤労者休養施設設置、管理及び使用料条例、栃木県青少年野外活動センター設置、管理及び使用料条例、栃木会館設置、管理及び使用料条例、栃木県母子福祉センター設置、管理及び使用料条例、栃木県婦人の家条例、栃木県立少年自然の家設置、管理及び使用料条例、栃木県県民の森条例、栃木県都市公園条例、栃木県ライフル射撃場設置、管理及び使用料条例、栃木県産業会館設置、管理及び使用料条例、栃木県障害者保養センター那珂川苑設置、管理及び使用料条例及び栃木県立宇都宮産業展示館設置、管理及び使用料条例に規定する施設等(前項の宿泊施設を除く。)を使用し、又は利用する者の当該使用又は利用に係る使用料については、なお従前の例による。

(平成9年条例第5号)

(施行期日)

1 この条例は、平成9年4月1日から施行する。

(使用料の改定に伴う経過措置)

3 施行日の前日から施行日にかけて栃木県青年の家設置、管理及び使用料条例、栃木県林業センター設置、管理及び使用料条例、栃木県和楽荘設置、管理及び使用料条例、栃木県勤労者休養施設設置、管理及び使用料条例、栃木県青少年野外活動センター設置、管理及び使用料条例、栃木県母子福祉センター設置、管理及び使用料条例、栃木県やまなみ荘設置、管理及び使用料条例、栃木県立少年自然の家設置、管理及び使用料条例、栃木県県民の森条例、栃木県障害者保養センター那珂川苑設置、管理及び使用料条例及び栃木県立とちぎ海浜自然の家条例に規定する宿泊施設に宿泊する者の当該宿泊に係る使用料については、なお従前の例による。

4 施行日前に許可を受けて、栃木県青年の家設置、管理及び使用料条例、栃木県林業センター設置、管理及び使用料条例、栃木県行政財産使用料条例、栃木県和楽荘設置、管理及び使用料条例、栃木県勤労者休養施設設置、管理及び使用料条例、栃木県青少年野外活動センター設置、管理及び使用料条例、栃木会館設置、管理及び使用料条例、栃木県母子福祉センター設置、管理及び使用料条例、栃木県やまなみ荘設置、管理及び使用料条例、栃木県立少年自然の家設置、管理及び使用料条例、栃木県県民の森条例、栃木県ライフル射撃場設置、管理及び使用料条例、栃木県産業会館設置、管理及び使用料条例、栃木県障害者保養センター那珂川苑設置、管理及び使用料条例、栃木県立宇都宮産業展示館設置、管理及び使用料条例、栃木ヘリポート設置、管理及び使用料条例、栃木県総合文化センター設置、管理及び使用料条例、とちぎ花センター設置、管理及び使用料条例、栃木県立とちぎ海浜自然の家条例、栃木県総合教育センター条例、栃木県体育施設設置、管理及び使用料条例及びとちぎ女性センター設置、管理及び使用料条例に規定する施設等(前項の宿泊施設を除く。)を使用し、又は利用する者の当該使用又は利用に係る使用料については、なお従前の例による。

(平成10年条例第17号)

1 この条例は、平成10年4月1日から施行する。

2 栃木県青少年野外活動センター設置、管理及び使用料条例(昭和41年栃木県条例第9号)は、廃止する。

(平成11年条例第9号)

(施行期日)

1 この条例は、平成11年4月1日から施行する。

(使用料の改定等に伴う経過措置)

6 施行日の前日から施行日にかけて栃木県青年の家設置、管理及び使用料条例、栃木県林業センター設置、管理及び使用料条例、栃木県和楽荘設置、管理及び使用料条例、栃木県勤労者休養施設設置、管理及び使用料条例、栃木県母子福祉センター設置、管理及び使用料条例、栃木県やまなみ荘設置、管理及び使用料条例、栃木県立少年自然の家設置、管理及び使用料条例、栃木県県民の森条例、栃木県都市公園条例、栃木県障害者保養センター那珂川苑設置、管理及び使用料条例及び栃木県立とちぎ海浜自然の家条例に規定する宿泊施設に宿泊する者の当該宿泊に係る使用料については、なお従前の例による。

(平成17年条例第68号)

この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(平成18年条例第58号)

この条例は、平成19年4月1日から施行する。

(平成26年条例第19号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(使用料の改定に伴う経過措置)

3 施行日の前日から施行日にかけて栃木県青年の家設置、管理及び使用料条例、栃木県立少年自然の家設置、管理及び使用料条例、栃木県都市公園条例及び栃木県21世紀林業創造の森設置、管理及び使用料条例に規定する宿泊施設に宿泊する者の当該宿泊に係る使用料については、なお従前の例による。

(平成31年条例第4号)

(施行期日)

1 この条例は、平成31年10月1日から施行する。

(使用料の改定に伴う経過措置)

5 施行日の前日から施行日にかけて栃木県青年の家設置、管理及び使用料条例、栃木県立少年自然の家設置、管理及び使用料条例、栃木県都市公園条例及び栃木県21世紀林業創造の森設置、管理及び使用料条例に規定する宿泊施設に宿泊する者の当該宿泊に係る使用料については、なお従前の例による。

別表(第9条関係)

(昭62条例8・全改、平元条例13・平5条例7・平9条例5・平10条例17・平11条例9・平26条例19・平31条例4・一部改正)

利用区分

単位

使用料

宿泊

1人1泊

中学校生徒以下の者 380円(県外に居住する者については、790円)

その他の者 790円(県外に居住する者については、1,590円)

栃木県青年の家設置、管理及び使用料条例

昭和35年3月30日 条例第5号

(令和元年10月1日施行)

体系情報
第10編 委員会・事務局/第1章 教育委員会
沿革情報
昭和35年3月30日 条例第5号
昭和35年6月30日 条例第20号
昭和35年12月22日 条例第47号
昭和36年3月28日 条例第22号
昭和37年3月30日 条例第6号
昭和38年3月20日 条例第14号
昭和39年3月20日 条例第47号
昭和40年3月29日 条例第29号
昭和41年4月1日 条例第26号
昭和43年3月25日 条例第21号
昭和51年3月27日 条例第11号
昭和56年3月27日 条例第7号
昭和59年3月30日 条例第8号
昭和62年3月17日 条例第8号
平成元年3月28日 条例第13号
平成2年3月27日 条例第19号
平成5年3月29日 条例第7号
平成9年3月28日 条例第5号
平成10年3月27日 条例第17号
平成11年3月19日 条例第9号
平成17年9月7日 条例第68号
平成18年12月25日 条例第58号
平成26年3月27日 条例第19号
平成31年3月13日 条例第4号