.

ホーム > 工場設置に伴う諸手続きのご案内 >  文化財保護法概要

工場設置に伴う諸手続きのご案内

文化財保護法

以下は法律・条例等に基づく手続きを必要とされる場合のものです。
法令等の名称 文化財保護法
いつ
(手続き時期)
施工開始の60日前まで
なお、事前協議や埋蔵文化財の予備調査、発掘調査に相当の日数が必要と見込まれますので、事業計画が具体化し次第、速やかに当該市町教育委員会と事前協議に入ってください。
だれが
(手続き対象者)
周知の埋蔵文化財包蔵地で、工場等の設置をしようとする者
何を
(書類)
・文化財保護法93条第1項に基づく、土木工事等のための発掘に関する届出
(なお、ここでの「発掘」とは、用地造成等の土木工事をさすものです。)

・書式については各市町教育委員会に用紙が備えてあります。併せて事業個所の位置図(1/2万5千スケールのもの)及び施工計画の平面図・断面図が必要になります。届出の詳細については各市町教育委員会又は県教育委員会にご相談下さい。
ダウンロード
どこへ
(手続き窓口)
工場等の計画地の所在する市町の教育委員会
どのように
(審査内容)
届出は、市町教育委員会から県教育委員会へ提出されます。
この過程で届出の内容を把握・検討し、該当する埋蔵文化財の取扱い(発掘調査の要否など)について、指導内容を市町教育委員会経由で事業主体者に通知します。
手続きの流れ
処理期間 概ね2週間(提出書類の処理期間)
※予備調査、発掘調査については、別途日数が必要になります。
問い合わせ先 県教育委員会事務局文化財課調査担当
TEL:028-623-3425
FAX:028-623-3426

このページのトップへ戻る

手続きの内容については、直接各問合せ先にお問い合わせください。