.

ホーム > 県内企業の声 > セイコーNPC株式会社 那須塩原事業所

県内企業の声

セイコーNPC株式会社 那須塩原事業所

企業名 セイコーNPC株式会社 那須塩原事業所
住所 〒329-2811
栃木県那須塩原市下田野531-1
TEL 0287-35-3111
ホームページ http://www.npc.co.jp/
※クリックすると別ウィンドウで開きます

昭和50年(1975年)にセイコーホールディングスグループの半導体メーカーとして設立されて以来、先進技術を活かし、多くの独創的商品を世界に先駆けて生み出し成長を続ける、セイコーNPC株式会社 那須塩原事業所様をお訪ねし、担当者様にお話を伺いました。

主な事業内容について

【那須塩原事業所で製造した光センサIC】

 セイコーNPC株式会社(以下、セイコーNPC)は昭和50年(1975年)、時計用半導体の開発・製造を目的に設立されました。
 その製造拠点であるセイコーNPC株式会社 那須塩原事業所(以下、那須塩原事業所)では、日光国立公園に隣接する自然豊かな環境で商品の開発・設計・製造を行っています。敷地内も自然が豊かで、環境対策には厳しい管理体制を確立しています。
 那須塩原事業所で生産している半導体は
 ・水晶発振器用
 ・センサ
 ・時計用
 ・クロックジェネレータ
 などがあり、特に水晶発振器用のICは世界市場シェアナンバー1を誇っています。

企業にとっての栃木県の立地環境について

 那須塩原事業所は、半導体製造に必要な大量の水の確保、清浄な空気、さらに東北自動車道・西那須野塩原インターチェンジから5分という好アクセスなど、半導体工場としての条件が3拍子揃った場所に立地しています。

「MADE in とちぎ」製品のセールスポイントについて

【シリコンウエハとIC】

 生産ラインは、ホコリやゴミなど不純物のない巨大なクリーンルームの中に設置され、製造に携わる人々は宇宙服にも似た「防塵服」を着て半導体を製造しています。
 工場は24時間稼動体制をとり、電気設備の法定点検以外は機械をとめることができません。いったん操業をとめると、再稼動するまで2〜3日かかるためです。
 一般的な半導体の製造工程は、薄切りハムのような円形シリコンウエハ(シリコン製の薄い基板)の上に複雑な回路を作り、そのウエハを数万個のチップの形に切り離し、配線(ボンディング)処理、さらに製品の機能検査が行われ、ようやくICが完成します。
 ここ那須・膜エ事業所では、シリコンウエハ上に何層もの回路を形成するパートを専業にしています。一般的な半導体工場を作る時の設備投資金額のうち約8割が、この「回路の形成工程」にかかると言われているほど重要なプロセスです。そして那須塩原事業所では、この工程で作られたウエハ、あるいはそれを切断したチップ製品を出荷しています。
 この事業所で、世界市場シェアナンバー1を誇る水晶発振器用のIC(集積回路)をはじめとする多彩な半導体が生まれています。まさに「MADE in とちぎ」が世界で使われています。

地域貢献活動について

【地域の清掃ボランティア】

 那須塩原事業所は塩原温泉に通じる道沿いに立地し、地域貢献活動として定期的に事業所周辺の清掃活動を行っています。

 那須塩原事業所は日光国立公園に隣接していることもあり、環境保全への取り組みは重要視しています。
 ICの製造には、徹底したウエハの洗浄が不可欠です。那須塩原事業所では、複雑な製品で500もの工程があり、5〜6工程に一回の洗浄が必要なため、多いもので100回ほど洗浄する計算になります。洗浄には、除去する物質に応じてフッ酸や硫酸などさまざまな化学薬品が使われ、さらに化学薬品のすすぎや最終洗浄には超純水を使用。一日に必要とされる洗浄水は、約400tにものぼります。
 当社では、大切な水資源の節約利用を目指し、全工程で使われる洗浄水400tの内、薬品濃度が比較的薄い240tの排水を回収。イオン交換樹脂とフィルターで不純物を除去し、超純水として再利用しています。このリサイクル活用は、地下水の枯渇を防ぐだけでなく、上水費用の削減も実現しています。
 リサイクルに適さない残りの工場排水160tと生活排水90tは敷地内の排水処理施設に送ります。そこで中和処理した後、バクテリア分解と凝集沈殿法で浄化処理。最後にフィルターで濾過し、塩素滅菌してから放流しています。
 放流水には厳しい自主基準値を設けており、例えば水質指標のひとつBOD(生物化学的酸素要求量)は、水質汚濁防止法の基準はもちろん、それよりさらに厳しい県条例の基準をはるかに下回る8mg/L以下としています。(水質汚濁防止法では160mg/L・ネ下、県の条例では25mg/L以下と規定)
 また、排水処理の過程で沈殿槽に毎日約450kgの残留物が沈殿します。残留物にはシリコンや鉄分などが含まれており、脱水した後、コンクリートサブ原料としてリサイクル利用しています。

 このように環境対策に継続的に取り組み、平成7年(1995年)にエネルギー管理優良工場として関東産業局から表彰され、平成13年(2001年)にはさらに実績を積み上げ、経済産業省資源エネルギー庁から表彰されました。

県民に対して一言

 規模は小さいが無くてはならない縁の下の力持ち、これが当社製品の特徴です。あらゆる電子機器に使われ、機器の動作の源になっているクロックを作る水晶発振器用ICは、当社の代表的な製品です。近年では、光・温度・磁気などのセンサ分野の製品にも注力しており、目立たないが必需品となっている多くのデバイスを手掛けています。
 これらは、標準的な大量生産型の製品である事は少なく、むしろお客様の要望や商品コンセプトに合ったベストソリューションを提供する「技術提案型」の製品である事が大きな特徴となっています。

 セイコーNPCは、独創と革新に挑戦する姿勢で、期待される品質・価格の商品をタイムリーに提供し、お客様に発展して頂くことが使命であると考えております。
 セイコーホールディングスグループの一員として、全社員が自信と誇りを持って社会の発展と地球環境保護に貢献できる、より良い企業の実現に向けて挑戦してまいります。

このページのトップへ戻る

 各企業についてのお問い合わせは、各企業の連絡先に直接お問い合わせください。