ホーム > 文化施設 > 久保記念観光文化交流館 美術品展示館

ここから本文です。

更新日:2018年12月25日

久保記念観光文化交流館 美術品展示館

美術館 県東

美術品展示館外観

 久保記念観光文化交流館は、かつて久保家が所有していた建物を改修し、真岡市の新たな観光文化拠点施設として平成26年に開館致しました。
 敷地内にある美術品展示館は、大正12年に久保家の米蔵として建てられ、昭和32年に久保貞次郎がアトリエとして改修し、かつて「久保アトリエ」と呼ばれていた石蔵を真岡市の所蔵品などを展示する美術館として活用しています。
 美術品展示館では、市所蔵の久保コレクションや宇佐美コレクションなどを中心に年に数回の企画展を開催しています。

展示風景

久保記念館外観

施設情報

施設情報 美術品展示館、久保資料室、久保記念館、観光物産館、レストラン、観光まちづくりセンター
所在地 真岡市荒町1105-1
電話番号 0285‐82‐2012
備考 <開館時間>午前9時~午後6時
<休館日> 毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、展示替休館日、年末年始(12月29日~1月3日)
<入館料> 無料
ホームページ 久保記念観光文化交流館公式サイト(外部サイトへリンク)