栃木県公安委員会
    Tochigi Prefectural Public Safety Commission
トップページ | 公安委員会制度 | 委員の構成定例公安委員会開催状況活動状況
苦情申出制度古物商URL届出一覧警察署協議会(栃木県警察ホームページ) 
公安委員会制度
  このページは、公安委員会の役割や構成等について掲載しています。
 
 公安委員会は、県民の方々の意見を警察行政に反映させ、警察の民主的運営と政治的中立性を確保するため、警察を管理する役割を果たしています。


 栃木県公安委員会は、栃木県知事が栃木県議会の同意を得て任命した3人の委員で構成される合議制の行政委員会です。
 任期は3年で、2回に限り再任されることができます。
 委員長は、委員の互選により就任し、委員会を代表します。



 公安委員会は、警察を管理するほか、法令や条例の規定に基づき、
   ○ 自動車運転免許の許可及び取消処分
   ○ 風俗営業、古物営業、質屋営業、銃砲刀剣類所持等の許可及び取消処分
   ○ 交通規制
   ○ 指定暴力団の指定、暴力団に対する再発防止命令等
   ○ 警察署協議会委員の委嘱
などの事務を行っています。


 公安委員会は、原則として毎週1回、定例の会議を開いています。また、必要があるときは、臨時の会議を開きます。
 会議では、警察運営の基本方針や、それを踏まえた各種施策等について、警察がどのように取り組んでいるかの報告や説明を受け、これに対して公安委員会としての意見を述べ、警察運営に反映させています。
 また、定例会議のほか、
    ○ 警察署長会議
    ○ 警察学校初任科生の入校式・卒業式
    ○ 警察職員との意見交換会
    ○ 殉職・殉難者慰霊祭
    ○ 永年勤続警察職員等表彰式
など、年間50回前後の行事に参加しています。