重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2016年4月1日

ここから本文です。

自然「滝・渓谷」裏見ノ滝

裏見ノ滝(うらみのたき) 日光市

日光三名瀑の一つで、大谷川の支流・荒沢川にかかる高さ約19メートル、幅2メートルの滝である。芭蕉の句”暫時(しばらく)は滝に籠る(こもる)や夏の初(はじめ)”でも有名。

は滝の後ろに通路があり、裏側からも眺めることができる珍しい滝であったが、1902年(明治35年)、滝の上部の岩が崩れ落ち、現在は残念ながら裏から見ることはできないが、新緑、紅葉の時期は素晴らしい渓谷美を楽しむことができる。