重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2020年4月1日

ここから本文です。

栃木県のあゆみ

年代:  明治 | 大正 | 昭和 | 平成 | 令和

明治

明治元年(1868年)

  • 戊辰戦争県内各地に広がる

明治4年(1871年)

  • 廃藩置県によって10県が成立、続いて宇都宮・栃木の2県に統合される

明治6年(1873年)

  • 宇都宮県を廃し栃木県に併合  

明治7年(1874年)

  • 東京-宇都宮間の電信開通
  • 栃木県最初の新聞「栃木新誌」発行

明治9年(1876年)

  • 東京-宇都宮間郵便馬車開業

明治12年(1879年)

  • 初の栃木県会議員選挙
  • コレラ流行

明治13年(1880年)

  • 印南丈作、矢板武ら那須開墾社をおこす

明治17年(1884年)

  • 県庁を栃木から宇都宮に移す

明治18年(1885年)

  • 東北本線大宮-宇都宮間開通
  • 那須疏水開通式を三島肇耕社で挙行

明治21年(1888年)

  • 県庁焼失(23年再建)
  • 両毛線小山-足利間開通

明治22年(1889年)

  • 町村制施行(26町145村)

明治23年(1890年)

  • 日光線全線開通

明治34年(1901年)

  • 足尾鉱毒問題で田中正造、天皇に直訴

明治44年(1911年)

  • 県人口100万人を超える

ページの先頭へ戻る

大正

大正2年(1913年)

  • 東北本線宇都宮-小山間複線化完成

大正3年(1914年)

  • 足尾鉄道全線開通

大正7年(1918年)

  • 横綱栃木山誕生
  • 東野鉄道西那須野-黒羽間開通

大正9年(1920年)

  • 真岡線全線開通

大正11年(1922年)

  • 宇都宮高等農林学校創立

大正12年(1923年)

  • 烏山線全線開通
  • 関東大震災

ページの先頭へ戻る

昭和

昭和4年(1929年)

  • 東武線浅草-日光間開通

昭和9年(1934年)

  • 日光国立公園が指定される

昭和11年(1936年)

  • 県庁焼失(13年再建)

昭和16年(1941年)

  • 太平洋戦争始まる

昭和20年(1945年)

  • 宇都宮空襲
  • 太平洋戦争終戦
  • 婦人参政権獲得

昭和21年(1946年)

  • 戦後初の衆議院議員選挙
  • 日本国憲法公布

昭和22年(1947年)

  • 初の民選知事誕生
  • 市町村長選挙
  • キャサリン台風来襲

昭和24年(1949年)

  • 今市震災
  • 宇都宮大学開学

昭和28年(1953年)

  • 町村合併促進

昭和29年(1954年)

  • 日光いろは坂有料道路完成

昭和35年(1960年)

  • 宇都宮工業団地造成はじまる

昭和37年(1962年)

  • 作新学院全国高校野球春夏連続優勝

昭和38年(1963年)

  • ラジオ栃木(現栃木放送)開局

昭和40年(1965年)

  • 金精道路、第2いろは坂開通

昭和47年(1972年)

  • 日塩もみじライン開通
  • 栃木県立美術館オープン
  • 自治医科大学、南河内町(現下野市)に開学

昭和48年(1973年)

  • 県制百年記念式典開催

昭和49年(1974年)

  • 東北自動車道県内全線開通

昭和53年(1978年)

  • 日足トンネル開通

昭和55年(1980年)

  • 栃の葉国体、全国身体障害者スポーツ大会開催

昭和57年(1982年)

  • 第33回全国植樹祭開催
  • 東北新幹線開通
  • 栃木県立博物館オープン

昭和59年(1984年)

  • ’84とちぎ博開催

昭和60年(1985年)

  • 県民の日制定

昭和61年(1986年)

  • 野岩鉄道会津鬼怒川線開通
  • 栃木県立がんセンター開所 
  • 台風10 号による茂木町災害

昭和62年(1987年)

  • 第三セクター方式の真岡鐵道が発足

昭和63年(1988年)

  • 食と緑の博覧会イートピアとちぎ’88開催
  • 尾頭トンネル開通

ページの先頭へ戻る

平成

平成元年(1989年)

  • マロニエプラザ完成

平成3年(1991年)

  • 日光自然博物館オープン
  • 総合文化センターオープン

平成4年(1992年)

  • とちぎ海浜自然の家オープン
  • とちぎ花センターオープン

平成5年(1993年)

  • 全国高校総体開催
  • 中国浙江省と友好提携協定書を締結

平成6年(1994年)

  • エフエム栃木開局

平成7年(1995年)

  • 第10回国民文化祭・とちぎ95開催

平成8年(1996年)

  • 第51回国民体育大会 冬季大会スケート・アイスホッケー競技会開催
  • とちぎ男女共同参画センター(パルティ)オープン
  • 宇都宮環状道路全線開通
  • 第20回全国育樹祭開催

平成9年(1997年)

  • ジャパンフラワーフェスティバルとちぎ’97開催
  • とちぎ健康の森オープン
  • 県人口200万人を超える

平成10年(1998年)

  • 8 月末豪雨による災害

平成11年(1999年)

  • とちぎテレビ開局
  • アメリカ インディアナ州と姉妹提携協定書を締結
  • 「日光の社寺」が世界遺産登録される

平成12年(2000年)

  • マロニエとちぎ緑花祭開催
  • 日光田母沢御用邸記念公園オープン 
  • イタリア大使館別荘記念公園オープン

平成13年(2001年) 

  • なかがわ水遊園オープン

平成14年(2002年)

  • 初の名誉県民、県民栄誉賞を選定

平成15年(2003年)

  • とちぎ産業創造プラザオープン

平成16年(2004年)

  • なす高原自然の家オープン

平成17年(2005年)

  • 那須塩原市誕生を皮切りに平成の大合併始まる
  • 「奥日光の湿原」がラムサール条約湿地に登録される

平成18年(2006年)

  • JR東日本と東武鉄道特急相互乗り入れ

平成19年(2007年)

  • 第5代県庁舎落成(平成20年1月開庁)

平成20年(2008年)

  • とちぎの元気な森づくり県民税導入
  • フランス ヴォークリューズ県と交流協力協定書締結

平成21年(2009年)

  • 「とちぎ食の回廊」PR事業開始
  • とちぎ未来大使を委嘱

平成22年(2010年)

  • 結城紬がユネスコ文化遺産に登録
  • 「とちぎの子ども育成憲章」制定

平成23年(2011年)

  • 東日本大震災
  • 北関東自動車道全線開通
  • とちぎのいいもの販売推進本部発足 
  • 第24回全国スポーツ・レクリエーション祭開催
  • とちまるくんが県のマスコットキャラクターに就任

平成24年(2012年)

  • 県アンテナショップ「とちまるショップ」オープン
  • 「渡良瀬遊水地」がラムサール条約湿地に登録される
  • いちごの新品種「スカイベリー」の命名・披露

平成25年(2013年)

  • 新観光キャッチコピー「本物の出会い 栃木」の決定
  • 県誕生140年記念イベント開催
  • 寺山ダムで全国初となるダムESCO事業開始

平成26年(2014年)

  • 第69回国民体育大会冬季大会 スケート・アイスホッケー競技会「ひかりの郷 日光国体」開催
  • 第27回全国健康福祉祭とちぎ大会「ねんりんピック栃木 2014」開催

平成27年(2015年)

  • 後世に残したい、大切にしたい、自慢できる県の100の地域資源「とちぎの百様」を選定
  • 平成27年9月 関東・東北豪雨災害 

平成28年(2016年)

  • 英国大使館別荘記念公園オープン
  • 作新学院夏の全国高校野球優勝
  • 「烏山の山あげ行事」と「鹿沼今宮神社祭の屋台行事」がユネスコ無形文化遺産に登録

平成29年(2017年)

  • 第2回「山の日」記念全国大会を那須町で開催
  • とちぎ技能五輪・アビリンピック2017開催

平成30年(2018年)

  • 1月15日を「いちご王国・栃木の日」として宣言
  • 「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーン開催
  • 栃木県大阪センターオープン

ページの先頭へ戻る

令和

令和元年(2019年)

  • 大嘗祭悠紀地方の斎田に栃木県が選定される
  • 令和元年東日本台風災害

令和2年(2020年)

  • 新型コロナウイルス感染症流行
  • いちごの新品種「とちあいか」の命名
  • 日光社寺文化財保存会の技術「建造物彩色」と「建造物漆塗」がユネスコ無形文化遺産に登録

令和3年(2021)年

  • 農業大学校に全国初「いちご学科」創設
  • 県内養鶏場で高病原性鳥インフルエンザ発生
  • 県内養豚場で豚熱発生

  

 

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

広報課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館3階

電話番号:028-623-2192

ファックス番号:028-623-2160

Email:kouhou@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告