重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2015年3月14日

ここから本文です。

水源地域対策

水源地域整備事業

水源地域整備事業は、ダム建設周辺地域の生産機能及び生活環境等が著しい影響を受けるため、その影響を緩和することを目的に実施される生活再建事業や水源地域活性化事業のことです。下流受益者からの負担金により、実施しており、付替道路やコミュニティ施設の整備など、水没地の方々の生活再建等にとっては欠かせないものです。水源地域整備計画では、全22事業、総額143億円を予定しています。

水源地域対策基金事業

水源地域対策基金事業は、水源地域と受益地域の地方公共団体等の合意のもと、水源地域整備事業を補完し、より決め細やかな水源地域対策を実施するために実施される生活再建事業や水源地域活性化事業のことです。南摩ダムにおいては、(公財)利根川荒川水源地域対策基金(外部サイトへリンク)を介して下流受益者からの負担金により事業を実施しており、生活相談員の設置等全9事業、総額11億円を予定しています。

お問い合わせ

砂防水資源課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館14階

電話番号:028-623-2452

ファックス番号:028-623-2456

Email:sabou@pref.tochigi.lg.jp