ホーム > 県政情報 > 財政・人事 > 予算 > 「とちぎ未来開拓プログラム(試案)~栃木県財政の健全化に向けて~」について

ここから本文です。

更新日:2010年11月30日

「とちぎ未来開拓プログラム(試案)~栃木県財政の健全化に向けて~」について

「選択と集中」により、当面の財源不足を解消し、誇れるふるさと“とちぎ”を未来につなげていくための財政基盤を確立していきます。

「とちぎ未来開拓プログラム(試案)」策定の経緯

 本県では、これまでも、中長期的な視点に立って、財政の健全化を進めてきましたが、

・ 県の借金である県債の返済が高水準であること

・ 高齢化の進展に伴う医療福祉関係経費が増加していること

・ 国の三位一体の改革により国からの地方交付税等が大幅に削減されたこと

などにより、財源不足が拡大し、貯金である財政調整的基金の取崩しが増え、21年度当初予算ではこの基金を全て使わざるを得ませんでした。

 さらに、急激な県内景気の悪化に伴う県税収入の落ち込みもあり、今後、毎年度、300億円を超える財源不足が見込まれます。このままでは、「財政再生団体」に転落し、国の管理下におかれ、医療福祉、教育、道路の整備といった県民サービスが大幅に低下する恐れがあります。

「とちぎ未来開拓プログラム(試案)」の策定・公表

 このため、こうした事態を避け、県単独で行っている医療費の助成や障害を持つ方に対する支援などを継続していくためにも、改めてゼロベースの視点に立ち、聖域なく事業の廃止や見直しを進めるとともに、優先順位の見極めによる徹底した「選択と集中」に取り組むこととし、「とちぎ未来開拓プログラム(試案)」を策定し、公表しました。

議員全員協議会における知事説明要旨( PDFファイル ,33KB)

 「とちぎ未来開拓プログラム(試案)」の概要( PDFファイル ,890KB)

「とちぎ未来開拓プログラム(試案)」

  プログラム全文( PDFファイル ,3,157KB)

   ○ 表紙・目次・巻頭( PDFファイル ,53KB)    

   ○ 県財政の現状と課題( PDFファイル ,1MB)

   ○ 財政健全化の具体的取組

    1 財政健全化に向けての基本的な考え方( PDFファイル ,1MB)

    2 集中改革期間における具体的な取組( PDFファイル ,817KB)

    3 選択と集中による行政課題への的確な対応( PDFファイル ,102KB)

    4 財政健全化の着実な推進( PDFファイル ,183KB)

    5 国への働きかけ、地方の自立( PDFファイル ,129KB)

   ○ 巻尾( PDFファイル ,26KB)

   ○ 別冊「主な見直し事業一覧」( PDFファイル ,244KB) 

「とちぎ未来開拓プログラム(試案)」についてのQ&A( PDFファイル ,103KB)

 

 なお、「とちぎ未来開拓プログラム(試案)」については、去る、平成21年5月19日(火曜日)~平成21年6月18日(木曜日)までの間、パブリックコメントを実施し、県民の皆さんからのご意見を募集しました。たくさんのご意見をいただき、ありがとうございました。

 

 今後、お聴きしたご意見を参考に、「とちぎ未来開拓プログラム」を決定・公表し、一日も早く財政健全化を成し遂げ、誇れるふるさと“とちぎ”の未来を切り拓き、次代につなげていきたいと考えています。

 職員数の削減や給与カットなど内部努力を徹底して行いますが、それでもなお、県民の皆さんにも負担をお願いせざるを得ない状況にあります。

 県財政へのご理解と県民の皆さんのご協力をよろしくお願いいたします。

 

※現在、これまで頂いた県民・団体の皆さんからのご意見等を踏まえながら、歳入・歳出両面における再精査を行うなど、総合的な検討を進めているところであり、10月中を目途に決定・公表する予定です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

財政課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館10階

電話番号:028-623-2017

ファックス番号:028-623-2030

Email:zaisei@pref.tochigi.lg.jp

広告