重要なお知らせ

 

閉じる

ホーム > くらし・環境 > 税金 > 県税 > 県税のホームページ > 自動車税(環境性能割) > 自動車税(環境性能割)の特例措置

更新日:2020年4月1日

ここから本文です。

自動車税(環境性能割)の特例措置

バリアフリー対応バス・タクシー、先進安全自動車について自動車税(環境性能割)を軽減する特例措置

バリアフリー対応バス・タクシーに係る自動車税環境性能割の軽減

車種 取得価額からの控除額
ノンステップバス

1,000万円控除

リフト付きバス

乗車定員30人以上

650万円控除

乗車定員30人未満

200万円控除

ユニバーサルデザインタクシー

100万円控除

(注)令和元(2019)年10月1日から令和3(2021)年3月31日までに取得した自動車に適用(新車新規登録に限る)

先進安全自動車に係る自動車税環境性能割の軽減

下記の対象装置が装着されたトラック、バスに対して新車新規登録に限り、自動車税環境性能割が軽減されます。

対象車両

車両総重量

対象装置

トラック 3.5トン超 22トン以下


衝突被害
軽減ブレーキ
(AEBS)


車両安定性
制御装置
(EVSC)


車線逸脱
警報装置
(LDWS)

バス 12トン以下

特例措置の内容

対象自動車 装着装置 自動車税環境性能割控除額

車両総重量20トン超22トン以下のトラック

(令和2(2020)年10月31日まで)

③車線逸脱警報装置(LDWS) 175万円控除
車両総重量8トン超20トン以下のトラック

次の装置全てを装着

①衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)

②車両安定性制御装置(EVSC)

③車線逸脱警報装置(LDWS)

350万円控除
車両総重量5トン以下のバス

次の装置全てを装着

①衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)

③車線逸脱警報装置(LDWS)

350万円控除
車両総重量12トン以下のバス

次の装置全てを装着

①衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)

②車両安定性制御装置(EVSC)

③車線逸脱警報装置(LDWS)

350万円控除

※ けん引車(トラクタ)及び被けん引車(トレーラー)を除く。

 条件によっては控除額が異なる場合があります。詳しくは、自動車税事務所までお問合せください。

 

自動車税(環境性能割) へ戻る

 

お問い合わせ

税務課 課税・収税担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館10階

電話番号:028-623-2108

ファックス番号:028-623-3454

Email:zeimu@pref.tochigi.lg.jp