ホーム > 県政情報 > キッズページ 栃木県のことを教えます。とちまるくんと仲間たち > とちぎの魅力 > とちぎがいちばん > 日本最古の総合大学「足利学校」(にほんさいこのそうごうだいがく「あしかががっこう」)

更新日:2012年6月27日

ここから本文です。

日本最古の総合大学「足利学校」(にほんさいこのそうごうだいがく「あしかががっこう」)

足利市(あしかがし)にある「足利学校(あしかががっこう)」は、日本(にほん)でもっとも古(ふる)い総合大学(そうごうだいがく)として知(し)られているよ。

1550年(ねん)ごろ【いまから460年(ねん)くらい前(まえ)】には、3,000人(にん)をこえる学生(がくせい)が集(あつ)まったといわれ、日本(にほん)に来(き)ていた宣教師(せんきょうし)フランシスコ・ザビエルによって「日本(にほん)で、もっとも大(おお)きく、もっとも有名(ゆうめい)坂東(ばんどう)の大学(だいがく)」として、ヨーロッパにも紹介(しょうかい)されたんだ。

 

もっと知(し)りたいときは、こっちも見(み)てね。

足利学校(あしかががっこう)(栃木県以外(とちぎけんいがい)のページです)(外部サイトへリンク)

言葉の説明(ことば の せつめい)

  • 宣教師(せんきょうし)とは、考(かんが)えかたや宗教(しゅうきょう)を伝(つた)えるひとです。
  • 坂東(ばんどう)とは、関東地方(かんとうちほう)の古(ふる)いよびかたです。