ホーム > 産業・しごと > 林業 > 森の産物 > ニューフェイスきのこ とちぎのハタケシメジ「とちぎのこ」

ここから本文です。

更新日:2016年2月1日

ニューフェイスきのこ とちぎのハタケシメジ「とちぎのこ」

ハタケシメジ(学名:Lyophyllum decastes) は、「香りマツタケ味シメジ」といわれ、味ではきのこの王様「マツタケ」に勝る「ホンシメジ」と近縁種で、きのこらしい姿が特徴の人気の高い食用きのこです。そのため、全国の研究機関では人工栽培技術開発に取り組み、最近になってスーパーなどにも人工栽培物が出回り始めました。

 全国の生産量は平成16年が1,182t、17年度が905tとなっていますが、しいたけ(65,186t)やブナシメジ(99,787t)、エリンギ(34,342t)と比較すると、まだまだ一般的になっていない現状にあります。

  栃木県では、県林業センターにおいて、平成11年度から栽培技術の開発と品種の育成に取り組み、2系統の優れた人工栽培用品種(とちぎLD500号、とちぎLD1100号)の種苗登録を行いました。

  平成18年秋から、現場への普及を開始したところであり、 新規栽培きのこ「ハタケシメジ」の生産技術を早急に普及・定着させるとともに、広く皆様方にご紹介するため、愛称の募集をしたところ、県内外から3078件にのぼる応募があり、「とちぎのこ」に決定ました。 

   

         県が開発した新品種「とちぎLD1100号」



          平成18年秋 露地栽培の様子

お問い合わせ

林業木材産業課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館11階

電話番号:028-623-3275

ファックス番号:028-623-3278

Email:ringyo-sinko@pref.tochigi.lg.jp