ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 環境森林部 > 県東環境森林事務所 > 活力ある林業・木材産業の振興

ここから本文です。

更新日:2013年2月20日

活力ある林業・木材産業の振興

トップページ 特用林産のページ

 木材(県産材)の生産と需要拡大

  当事務所管内では、宇都宮市を中心に主に建築用材として針葉樹(スギ・ヒノキ材)が生産されています。また、茂木町等では、過去に薪炭材として利用するために広葉樹林が豊富に存在しており、現在ではシイタケ原木として利用されています。

 県産材の利用については、公園遊具のような身近な施設から、町有林を伐採した木材による大規模な中学校の建て替え等、管内各地で需要拡大に向けた取組みが行われています。

  なお、管内における素材生産量は、約24千㎥です。(針葉樹のみ)

 

 

       

   間伐による木材生産(茂木町)                   搬出される間伐材(宇都宮市)

           

     菌床しいたけの生産                       木炭の生産

     

   地域材を活用した茂木中学校          地域材を活用した内装木質化(上河内中学校)

             

                  木製遊具(芳賀町)

 

お問い合わせ

県東環境森林事務所 林業経営課

〒321-4325 真岡市田町1568 芳賀庁舎分庁舎

電話番号:0285-81-9004

ファックス番号:0285-81-9006

Email:kento-ksj@pref.tochigi.lg.jp

広告