ホーム > 福祉・医療 > 医療 > 医療施策 > 栃木県保健医療計画(6期計画) > 栃木県における医療機能ごとの病床の現状(平成26年度病床機能報告の結果)

ここから本文です。

更新日:2015年7月27日

栃木県における医療機能ごとの病床の現状(平成26年度病床機能報告の結果)

医療法(昭和23年法律第205号)第30条の13第4項の規定に基づき、栃木県における平成26年度の病床機能報告の結果を公表します。

地域医療構想について(医療法第30条の4第2項第7号)

 今後高齢化が進展し、医療・介護サービスの需要が増大していく中で、患者それぞれの状態にふさわしい良質かつ適切な医療を効果的かつ効率的に提供する体制を構築することが求められています。

 そのためには、医療機能の分化・連携を進め、各医療機能に応じて必要な医療資源を適切に投入し、入院医療全体の強化を図ると同時に、退院患者の生活を支える在宅医療及び介護サービス提供体制を充実させていくことが必要です。

 こうしたことから、都道府県は、2025年における医療機能ごとの需要と必要量を含めその地域にふさわしいバランスのとれた医療機能の分化と連携を適切に推進するための地域医療構想を策定します。

 

病床機能報告制度について(医療法第30条の13第1項、第2項)

 地域医療構想の策定にあたり、地域の医療機関が担っている医療機能の現状把握、分析を行う必要があります。

 そのために必要なデータを収集するため、医療機関がその有する病床(一般病床及び療養病床)において担っている医療機能を自ら選択し、病棟単位を基本として都道府県に報告する仕組みが導入されました。
 また、医療機能の報告に加えて、その病棟にどんな設備があるのか、どんな医療スタッフが配置されているのか、どんな医療行為が行われているのか、についても報告することとしています。

 

  • 病床機能報告については、以下のホームページをご覧ください。

報告された情報の公表(医療法第30条の13第4項)

 報告された情報を公表し、地域医療構想とともに示すことにより、地域の医療機関や住民等が、地域の医療提供体制の現状と将来の姿について共通認識を持つことができます。また、医療機関の自主的な取組及び医療機関相互の協議によって、医療機能の分化・連携が進められるようになります。

 

医療機能について(医療法施行規則第30条の33の2)

医療機関が報告し、都道府県が2025年の必要量を定めることとなる医療機能は、次の4つの区分です。 

高度急性期 急性期の患者に対し、状態の早期安定化に向けて、診療密度が特に高い医療を提供する機能
急性期 急性期の患者に対し、状態の早期安定化に向けて、医療を提供する機能
回復期

・急性期を経過した患者への在宅復帰に向けた医療やリハビリテーションを提供する機能
・特に、急性期を経過した脳血管疾患や大腿骨頚部骨折等の患者に対し、ADLの向上や在宅復帰を目的としたリハビリテーションを集中的に提供する機能(回復期リハビリテーション機能)

慢性期 ・長期にわたり療養が必要な患者を入院させる機能
・長期にわたり療養が必要な重度の障害者(重度の意識障害者を含む)、筋ジストロフィー患者又
は難病患者等を入院させる機能

 

 

本県における医療機能ごとの病床の状況(平成26年調査結果)

報告状況(報告数及び報告率)

 

  

報告する項目

  

医療機能、構造設備・人員配置等に関する項目

具体的な医療の内容

合計  

92.8%

(192医療機関/207医療機関)

91.8%

(190医療機関/207医療機関)

 

うち

病院

98.9%

(89病院/90病院)

91.1%

(82病院/90病院)

 

うち

有床診療所

88.0%

(103有床診療所/117有床診療所)

92.3%

(108有床診療所/117有床診療所)

 

現状

 2014年7月1日時点の機能として、各医療機関が自主的に選択した機能の状況です。

(単位:床)

二次医療圏 全体
  市町村名   高度急性期 急性期 回復期 慢性期 無回答
県北医療圏

大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、
那須烏山市
塩谷郡 塩谷町、高根沢町
那須郡 那須町、那珂川町

2,966

365

1,433

339

810

19

県西医療圏 鹿沼市、日光市

1,461

146

801

96

402

16

宇都宮医療圏 宇都宮市

4,929

680

2,156

342

1,642

109

県東医療圏 真岡市
芳賀郡 益子町、茂木町、市貝町、芳賀町

892

172

490

19

141

70

県南医療圏 栃木市、小山市、下野市
河内郡 上三川町
下都賀郡 壬生町、野木町

4,718

2,269

1,520

335

575

19

両毛医療圏 足利市、佐野市

2,531

107

1,382

127

795

120

合計  

17,497

3,739

7,782

1,258

4,365

353

二次医療圏名をクリックすると、圏域内の医療機関ごとの病床の状況をご覧いただけます。

 

6年後の予定

 2014年7月1日時点から6年経過した時点での機能の予定として、各医療機関が自主的に選択した機能の状況です。

(単位:床)

二次医療圏 全体     
  市町村名   高度急性期 急性期 回復期 慢性期 無回答
県北医療圏

大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、
那須烏山市
塩谷郡 塩谷町、高根沢町
那須郡 那須町、那珂川町

2,966

383

1,365

439

760

19

県西医療圏 鹿沼市、日光市

1,461

146

696

146

371

102

宇都宮医療圏 宇都宮市

4,929

680

2,056

342

1,742

109

県東医療圏 真岡市
芳賀郡 益子町、茂木町、市貝町、芳賀町

892

136

455

133

141

27

県南医療圏 栃木市、小山市、下野市
河内郡 上三川町
下都賀郡 壬生町、野木町

4,718

2,269

1,300

576

534

39

両毛医療圏 足利市、佐野市

2,531

151

1,382

184

723

91

合計  

17,497

3,765

7,254

1,820

4,271

387

  

【留意事項】

  • 上記は、「医療機能について」に記載されている各医療機能の定義及び病床機能報告マニュアル等を踏まえ、病床が担う医療機能について各医療機関が自主的に判断して報告した結果となります。

※平成26年度は病床機能報告制度の初年度であり、他の医療機関の報告状況や地域医療構想及び地域医療構想の病床の必要量(必要病床数)等の情報を踏まえていない状況において各医療機関が報告を行ったものであることに注意願います。 

  • 一部の医療機関については、医療機能について修正を行っています。そのため、上記の集計数と、医療機関別の調査結果表を集計した数が一致しないことがあります。

修正例:栃木県病院・診療所名簿における許可病床数を明らかに上回るもの(例:医療法上の病床以外のものも計上していると考えられる場合)については、許可病床数に引き直した病床数を計上しています。 

  • 医療機関別の調査結果表については、厚生労働省から委託を受けて調査・集計を行った業者から送付された個票データを、栃木県においてPDF形式に加工した上で公開しています。  
  • 個人情報への配慮のため、医療機関別の調査結果表における具体的な医療の内容に関する項目については、1以上10未満の値を「*」の記号により表示しています。

お問い合わせ

医療政策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館4階

電話番号:028-623-3145

ファックス番号:028-623-3056

Email:iryo@pref.tochigi.lg.jp