ホーム > 福祉・医療 > 医療 > 救急医療 > 県内の公共施設におけるAEDの設置状況等

ここから本文です。

更新日:2016年8月17日

県内の公共施設におけるAEDの設置状況等

AEDについて

 AED(自動体外式除細動器)とは、心臓の心室が小刻みに震え、全身に血液を送ることができなくなる、心室細動等の致死性の不整脈状態を、心臓に電気ショックを与えることにより、正常な状態に戻す機械です。

 栃木県内の公共施設におけるAED設置状況について

 栃木県内の公共施設には、県、市町合わせて2,049台が設置されています。

県施設におけるAED設置場所一覧

 市町施設等におけるAED設置場所

 各市町等のホームページにおいて、設置場所を公表しています。

 救急蘇生法講習会について

 いざというときに、正しく、冷静に救急蘇生法を行うことができるように日本赤十字社、消防本部、保健所などが講習会を開催しております。機会を見つけて参加してみてください。
 なお、講習会の開催日程、内容等につきましては、開催団体に直接お問い合わせください。 

AEDの設置者登録制度について  

 一般財団法人日本救急医療財団(外部サイトへリンク)ではAEDの設置者登録を行っており、登録されたAEDは、日本救急医療財団のホームページでマップ(外部サイトへリンク)として所在地や施設名等を公開しております。AEDをより多くの方に有効に御活用いただくためにも、AED設置者登録制度への御協力をお願いいたします。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

医療政策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館4階

電話番号:028-623-3157

ファックス番号:028-623-3056

Email:iryo@pref.tochigi.lg.jp