ホーム > 福祉・医療 > 健康・保健衛生 > 生活習慣病 > 歯と口腔の健康づくり > 栃木県民の歯及び口腔の健康づくり推進条例

ここから本文です。

更新日:2012年5月28日

栃木県民の歯及び口腔の健康づくり推進条例

歯科保健に関する条例が制定されました

歯と口腔の健康づくりを推進するための条例が平成22年12月定例議会において制定されました。歯と口腔の健康づくりは、生涯にわたる健康の保持・増進に欠くことのできないものであり、脳血管疾患や虚血性心疾患、糖尿病などの生活習慣病予防の面でも大変重要です。
県では、条例の基本理念にのっとり、栃木県歯科保健推進基本計画の策定をはじめとして、県民の皆さまの歯と口腔の健康づくりに取り組んでいきます。

条例制定の背景

歯や口腔の健康はそれ自体が全身の健康と深い関わりがありますが、それだけではなく、糖尿病や脳卒中、心臓病などの生活習慣病とも関連があり、生涯にわたる健康づくりにおいて非常に重要なテーマとなっています。これまでも「とちぎ健康21プラン」において8020運動などを進めてきましたが、12歳の永久歯平均むし歯数が全国平均より多いこと、歯や口腔の健康と関連がある脳卒中や心臓病での死亡率が全国ワーストレベルであること、市町など地域における取組みをより積極的に進めていくことが期待されていること、などを背景として歯や口腔の健康づくりを通じて県民の皆様の生涯にわたる健康の保持増進を図るために、この条例が制定されました。

本県の条例の特徴

平成25年5月末現在において、歯科保健関係条例を制定している都道府県は34あり、それぞれ特徴のある内容を盛り込んでいますが、本県で制定された条例の特徴は以下のとおりです。 

  • 歯や口腔の健康づくりは、県民の大きな健康課題である生活習慣病予防にも役立つことが基本理念に明記されました。
  • 施策の推進にあたっては、歯や口腔の健康づくりに向けた県民の自助努力を基礎として、県、市町、歯科医師等の専門職、保健、医療、福祉、教育、職場などの関連する各分野の関係者が、歯や口腔の健康づくりの取組みに対する環境整備を主体的に行うことが大切であるとされました。
  • 歯科に関する基本計画の策定、県議会への報告など条例に規定された手続きを通して、PDCAサイクルの視点を取り入れた歯と口腔の健康づくり施策の推進が求められています。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康増進課 生活習慣病医療担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3095

ファックス番号:028-623-3920

Email:kenko-zoshin@pref.tochigi.lg.jp

広告