ホーム > 福祉・医療 > 障害者 > 障害福祉サービス > 手帳の交付について(身体障害者手帳・療育手帳)

ここから本文です。

更新日:2018年1月24日

手帳の交付について(身体障害者手帳・療育手帳)

 身体障害者手帳

  助成や手当を受けるためには、まず、身体障害者手帳の交付を受けることが必要です。
  交付手続きは、居住地の市福祉事務所又は町村役場で受け付けています。

身体障害者手帳申請手続き図

身体障害者障害程度等級表(ワード:105KB)

手続きに必要なもの

  身体障害者手帳交付申請書、知事の指定した医師の診断書、写真(3cm×4cm)、印鑑、手帳の交付を受ける方の「通知カード」または「個人番号カード」、手帳の交付を受ける方(15歳未満の場合はその保護者等)の身元確認が出来るもの(運転免許証、パスポート等)

  (注) 「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(番号法)」の施行により、平成28年1月1日以降、身体障害者手帳の申請には、「マイナンバー(個人番号)」の記載が必要になりました。また、番号法の規定により、本人確認が必要になりますので、番号確認と身元確認の出来る書類の掲示をお願いいたします。

注意事項

  住所、氏名等の記載事項が変更となった場合は速やかに申請してください。転居先の市町が異なる場合は、転居先の市福祉事務所又は町役場に申請してください。

 紛失、破損、又は年数の経過等により写真で本人を認識することが困難になった場合は、写真を添えて再交付の申請をしてください。

 障害の程度が変わったと思われる方は、指定医師の診断書を添えて申請してください。

 手帳の交付を受けた方が死亡した場合や障害の程度に該当しなくなった場合、手帳を知事に返還しなければなりません。

 手帳は、他人に譲渡したり、貸与することはできません。

マイナンバー法に基づく情報連携に関するお知らせ

 身体障害者手帳に記載されている内容と、住民票の登録情報(住所、氏名等)が異なる場合、情報連携が行えない場合があります。お手数ですが、手帳に記載された内容をご確認いただき、該当する方につきましては記載事項変更等の申請をされますようお願いいたします。

問い合わせ先

  詳しくは、市町障害福祉担当課又はとちぎリハビリテーションセンター (Tel 028-623-7010)までお問い合わせください。
 

   療育手帳 

 知的障害者に対する助成や手当を受けやすくするために療育手帳を交付しています。

療育手帳申請手続き図

 

等級

 

  栃木県では、A1からB2までの4段階に分かれています。

  療育手帳等級

 

手続きに必要なもの

  療育手帳交付申請(届出)書、写真(3cm×4cm)、印鑑

再判定

  手帳交付の際に、次回の判定時期が指定されますので、その時期までに児童相談所(18歳未満)あるいはとちぎリハビリテーションセンター(18歳以上)で再判定を受ける必要があります。

  • とちぎリハビリテーションセンター Tel 028-623-7010
  • 中央児童相談所 Tel 028-665-7830
  • 県南児童相談所 Tel 0282-24-6121
  • 県北児童相談所 Tel 0287-36-1058

注意 

 住所・氏名等が変わった場合は、速やかに居住地の市福祉事務所又は町村役場に届け出てください。
 手帳を紛失したときも再交付の申請をしてください。
 手帳の交付を受けた方が死亡された場合や障害の程度に該当しなくなった場合、手帳を知事に返還しなければなりません。
 手帳は、他人に譲渡したり、貸与することはできません。

問い合わせ先

 詳しくは、市町障害福祉担当課又はとちぎリハビリテーションセンター (Tel 028-623-7010)までお問い合わせください。

お問い合わせ

障害福祉課 社会参加促進担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館4階

電話番号:028-623-3020

ファックス番号:028-623-3052

Email:syougai-fukushi@pref.tochigi.lg.jp