ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 産業労働観光部 > 経営支援課 > 経営支援課 お知らせ・行政情報 > 平成29年度「キラリと光るとちぎの企業」表彰式を開催しました

ここから本文です。

更新日:2018年2月13日

平成29年度「キラリと光るとちぎの企業」表彰式を開催しました

 平成30年2月9日に、栃木県庁昭和館正庁において平成29年度「キラリと光るとちぎの企業」表彰式を行いました。

 本表彰は、平成27年12月に制定した「栃木県中小企業・小規模企業の振興に関する条例」の趣旨を踏まえて創設した制度であり、本県産業の振興や持続的発展に貢献されている中小企業・小規模企業の皆様を表彰するもので、今回が2回目となります。

 式では、表彰の趣旨を踏まえ、県内中小・小規模企業が製造している烏山和紙を使用した賞状と日光杉で作られた記念品が、福田知事から各受賞企業へ贈呈されました。

 また、知事から各受賞企業の方へお祝いと激励の言葉が贈られました。

 受賞企業の皆様、大変おめでとうございました。

 栃木県としましては、今後とも、中小・小規模企業の持続的発展の促進を図るとともに、創業から事業承継まで企業の成長段階に応じた切れ目のない支援を展開できるよう、オール栃木体制で取り組んで参ります。

H29キラリ表彰集合写真

 

<受賞企業>(50音順)

株式会社イージャンワークス 

・後継者不在により引継ぎを希望していた自動車整備工場の事業譲渡を受け、平成29年1月より新整備工場にて営業開始。新工場での営業開始後は、顧客の引継ぎも受け、地域顧客の自動車修理の利便性の継続に寄与した。

・新型車の整備に対応するため、新規格整備機器の導入を積極的に行うとともに、古い自動車の整備・カスタムカーの整備に対応するため、幅広い知識を持った技術者の採用を行い、顧客が満足するサービスの提供に努力している。併せて、積極的にカスタムカーのイベント等への参加やインターネットの有効活用で知名度の向上に努めている。

・HP:イージャンワークス Facebook

ウィングラフィティ株式会社 

・障害者就労継続支援A型事業所「わらくや」を真岡市に開設し、養鶏場の請負事業を中心にパッキング事業、レーザーカット・眼鏡事業、農業事業を行う。障がい者の能力を引き出せる業務を厳選し、また委託先からも喜ばれる事業を展開している。

・併設の障がい児放課後等デイサービスでは、就労の一貫教育を理念に、小さいうちから「働く」という概念を実際に働く現場で身に付けるという新しいコンセプトで障がい児の自立への歩みを支援している。

・ HP:http://warakuya.tochigi.jp/company.html

株式会社ヴェール・ラ・リュミエール 

・11年間渡仏して培ったフランス料理の知識と経験を最大限に生かしたレストラン事業を展開。メニューに使用する食材は、栃木県産の生鮮食材を地元生産者から仕入れるなど、地域資源を活かした取組を行っている。

・高校の特別講師として後進の育成に努めるほか、特別支援学校における家庭科研修や地元プロスポーツチームの栄養管理支援の講師、その他地元小学校や給食センター等で講話を行い、地元食材のレシピ考案や地産地消の取組支援など地域社会への貢献にも努めている。平成28年には2号店を横浜市に出店するなど、レストラン事業を伸長させることで、栃木県の魅力を発信している。

・HP:http://verslalumiere.naomi-ogaki.com/

株式会社黒磯中央自動車学校 

・トップの率先垂範で「人生の素晴らしい思い出となり、卒業後も遊びに来たい」自動車教習所づくりを目指している。顧客の要望に極力叶った教習時間のスケジューリングや「自宅まで送迎」「買い物先まで送迎」など、徹底した顧客本位のサービス活動がSNSや地域の口コミを介して評判や認知度を高めている。

・入校時および卒業時点に行うアンケート調査では、「技能教習」「学科教習」「受付窓口・予約」「送迎バス」「施設」など一連のサービスについて顧客の印象・意見・評価など汲み上げ、委員会会議・全体会議による収集・分析・検討により改善策を構築・実践することで顧客満足度向上を図り、プロモーション効果を上げている。

・HP:http://www.driverschool.jp/

株式会社古賀 

・「共生」と「共創」を経営方針とし、商社として、試験計測機器、工作機械等、工場設備の販売のみにとどまらず、営業力や情報収集力を活かし、地域の中小製造業と連携した受注グループを立ち上げ、製造業の研究所や工場の「困り事」にワンストップで対応するサービスを提供。また、地域の製造業の発展を目的に「ものづくりは人づくり」の理念のもと「とちぎ生産技術セミナー」を非営利で開催している。

・ものづくり企業のIoTによる生産性向上を目的として平成26年に承認された経営革新計画に基づき「ものづくり現場の見える化」に取り組んでいる。これにより熟練技能者の感能知や製造現場の暗黙知を数値化し製造工程のバラツキを見える化することで適切な改善策を提案するソリューションサービスの開発を進めている。

・HP:https://www.eg-koga.co.jp/

株式会社嶋田屋本店 様

・大正元年創業の酒類卸小売業。H29年に県南老舗卸売業の事業承継を受け、家業から企業へと脱皮し発展を続けている。

・価格競争の激化を受け、低価格営業から提案型営業への転換を図るべく、顧客情報等を把握し、タイミング良い商品提供や品揃え等のアドバイス、ビールサーバーの無料洗浄、陳列棚の整理など、アフターケアに努め、信用・信頼を確保している。社員教育にも力を入れており、定期的に研修や勉強会を行い、それを日頃の業務で実践する。成功体験や失敗事例を社員同士で共有し、スキルを上げていくことで、一体感や活気が生まれている。

・HP:http://嶋田屋酒店.com/

医療法人卓和会(藤井脳神経外科病院) 

・「藤井脳神経外科病院」を運営。「支え合い、分かち合い」という病院の理念のもと、脳神経外科疾患の急性期から慢性期までにわたり医療サービスを提供している。

・「栃木県BCP策定支援プロジェクト」を活用し、医療機関としては、本プロジェクトによる初のBCP策定企業となった。さらにPDCAサイクルを回していくため、見直しやバージョン2の策定等、継続的に取り組むことで、いかなる災害にも対応できる、地域に信頼される病院、患者さんが安心できる病院を目指している。

・HP:http://www.fujiihp.or.jp/

株式会社田中電気研究所 

・環境汚染物質の計測制御機器を開発・製造。主な顧客は火力発電所・高炉製鉄所・セメント工場・製紙会社等。市場や顧客の要求・期待の把握に努め、海外にも販路を拡大。

・自社製品のダスト濃度計は、検出器の汚れを防止するため、独自開発で2層構造のエアーパージ方式を採用。最近では白濁排ガス中に含む粉塵量を瞬間気化し測定できる粉塵モニタ(DDM-TMA1)を開発し、国内および海外に展開。原子力発電所向け放射線計測機器は、精密な組立及び試験調整まで行い高度な品質保証体制を確立。

・HP:http://www.tanaka-e-lab.com/

中里建設株式会社 様

・大正9年に創業以来、総合工事業として発展。“上水道”に着目し、上水が流下する管路内を特殊工法により清掃・洗浄して水路を保全し、清浄な飲料水を供給する当社独自の「水理事業」を開発。平成21年と平成27年の2度、経営革新計画の承認を受けた。

・現在、配水地の水中清掃ロボットによる清掃業務、発泡ウレタン製の特殊洗浄具“アクアピグ”を用いた水道管内の洗浄業務等を実施し、また給水管内をオゾンの強力な酸化力で分解させたうえで、アクアピグの摩擦力にて洗浄する“オゾンピグ殺菌洗浄工法”の研究を進めている。

・HP:http://www.nakazato-const.com/

有限会社藤屋幸次郎商店(大田原温泉ホテル龍城苑・日帰り温泉館太陽の湯) 

・「大田原温泉ホテル龍城苑・日帰り温泉館太陽の湯」の運営及び関連サービスの提供を行う。泉質の良さや丁寧な接客に加え、口コミサイト等の評価をリアルタイムで把握し、すぐさま対応するレスポンスの早さで評判を高めている。受動的な姿勢ではなく、能動的に感覚を使うことで1歩先のサービスの提供を目指す。

・H23年3月の東日本大震災、H26年2月の大雪時の停電の経験から、災害時やトップの不在時に判断の拠り所となる指針の必要性を実感し、「栃木県BCP策定支援プロジェクト」を活用。温泉旅館としては、本プロジェクトによる初のBCP策定企業となった。

・HP:http://www.ohtawara-onsen.com/

お問い合わせ

経営支援課 中小・小規模企業支援室

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

電話番号:028-623-3174

ファックス番号:028-623-3340

Email:shienshitsu@pref.tochigi.lg.jp