ここから本文です。

更新日:2018年3月20日

「支給認定者」認定後の手続き

 在学中「支給認定者」として認定された後に学校を卒業、就職等した場合は、助成を受けるための申請や届出を行ってください。

【助成の条件】

 ①栃木県内に居住していること。

 ②製造業を営む県内の事業所(大企業の場合は、県内に本社機能がある場合に限る。)に正規雇用されていること。

【対象期間】就職日から8年間

【交付期間】就職の翌年度から8年間

 

 平成28年度に「支給対象者」として認定された方が平成29年度末に卒業し、翌々年度(平成31(2019)年度)の4月1日までに就職しなかった場合、認定無効となります。

1 卒業後、就職した場合の提出書類(提出期限:就職後1か月以内

(1)対象企業に就職(勤務地:県内)

 上記の【助成の条件】に該当する場合は、下記の書類を提出してください。

(2)対象企業に就職(勤務地:県外)

 栃木県内に本社はあるが、県外の支店に配属(転勤)となり一時的に【助成の条件】を満たさなくた場合は、(1)の書類に加え、支給延長申請書(様式第18号)(ワード:45KB)を提出してください。

 その後、勤務地が県内となった場合は、速やかに労働政策課まで連絡してください。

(3)対象外企業に就職した場合

 【助成の条件】を満たさないため支給対象者認定辞退届(様式第4号)(PDF:68KB)を提出してください。

2 卒業後、就職しなかった場合

 卒業翌日から1か月以内に就職しなかった場合、速やかに未就職届(様式第8号)(PDF:77KB)を提出してください。

 その後、就職した場合は、上記1の書類を提出してください。

3 その他の場合

(1)進学・編入学した場合

 速やかに進学(編入学)届(様式第7号)(PDF:69KB)を提出してください。

 なお、進学・編入学先の学校を卒業した翌々年度の4月1日までに就職しなかった場合、認定無効となります。

(2)退学・休学・留学・留年・停学した場合

 速やかに退学(休学・留学・留年・停学)届(様式第5号)(PDF:79KB)を提出してください。 

 その後、復学した場合は速やかに復学届(様式第6号)(PDF:65KB)を提出してください。

住所や氏名が変更となった場合

 「認定通知書」に記載の住所や氏名が変更となった場合は、速やかに住所(氏名)変更届(様式第9号)(PDF:68KB)を提出してください。

提出方法

 持参又は郵送により下記宛て提出

 〔提出先〕

 〒320-8501

 宇都宮市塙田1-1-20(本庁舎本館6階北側)

 栃木県 産業労働観光部 労働政策課 雇用対策担当 宛て

Q&A

 この他、御不明な点がございましたら、お問い合わせ先まで御連絡ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

労働政策課 雇用対策担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

電話番号:028-623-3224

ファックス番号:028-623-3225

Email:rousei@pref.tochigi.lg.jp

広告