ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 塩谷南那須農業振興事務所 > 農畜産情報 > 公共牧場への放牧の時期になりました

ここから本文です。

更新日:2020年6月1日

公共牧場への放牧の時期になりました

 管内3カ所の公共牧場の利用が始まり、5月11日に土上平放牧場(塩谷町)、5月14日に八方ヶ原放牧場(矢板市)、5月15日に豊月平放牧場(塩谷町)で入牧を行いました。

 ホルスタインの育成牛や黒毛和種の妊娠牛をおよそ半年間預け、元気いっぱい走り回って体が丈夫になった牛たちを11月頃に迎えに行きます。放牧管理は農家の手間が省ける上に、牛のストレスが減少し、足腰が鍛えられることで強健性が向上するため、安全な分娩が期待されます。

  なお、すべての放牧場は、安全性を確保するため、牧草の放射性物質検査及び家畜保健衛生所の定期検査を実施しています。

 

 

八方ヶ原牧場

八方ヶ原放牧場

豊月平牧場

豊月平放牧場

お問い合わせ

塩谷南那須農業振興事務所 経営普及部 農畜産課 畜産担当

〒329-2163 矢板市鹿島町20-22 塩谷庁舎

電話番号:0287-43-2318

ファックス番号:0287-43-4072

Email:shioya_minaminasu-nsj@pref.tochigi.lg.jp

広告