ここから本文です。

更新日:2015年1月19日

入札書提出時のICカード有効期限について

電子入札に使用するICカードには有効期限が設定されております。入札書を提出した時に使用したICカードが開札時に有効期限切れの場合、入札書を開札することができず、入札そのものが無効になります。

 入札書の提出に使用するICカードは、栃木県建設工事等電子入札運用基準により、開札時において有効なICカードに限ることとなっています。
  なお、開札日時は、開札予定日時から起算して最長14日遅れることがあることから、有効期限も開札予定日時から起算して14日を経過した日以降のICカードを使用することとなっています。現在お使いのICカードの有効期限が近々切れる場合は、新規のICカードを取得し、入札書提出前にICカードの更新作業を済ませ、必ず開札時点で有効なICカードを使用して入札書を提出してください。

お手持ちのICカードの有効期限がご不明な場合は、発行元の民間認証局にお問い合わせください。

ICカード更新図

 

お問い合わせ

技術管理課 企画情報担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館13階

電話番号:028-623-2405

ファックス番号:028-623-2422

Email:kensa@pref.tochigi.lg.jp