ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 県土整備部 > 交通政策課 > 交通政策課 行政情報 > 首都圏広域地方計画「日光・会津・上州歴史街道対流圏の強化プロジェクト」について

ここから本文です。

更新日:2018年3月9日

首都圏広域地方計画「日光・会津・上州歴史街道対流圏の強化プロジェクト」について

国土交通省、栃木県、福島県、群馬県、日光市、南会津町、片品村が連携し、首都圏広域地方計画(平成28年3月 国土交通大臣決定)に位置付けられた「日光・会津・上州歴史街道対流圏の強化プロジェクト」を推進しています。

目的とコンセプト

日光・会津・上州を中心とした地域には、他の地域には無い歴史をテーマとした観光資源が数多く存在し、温泉や豊富な自然も有するなど、純日本的な地域資源が広く集積するエリアである。こうした特性を有する本地域において、主要観光地の連携・交流を強化し、スローライフ、田舎暮らし等をコンセプトに『日本のふるさと』としての地域イメージを定着させることで、インバウンドを含む観光振興による交流人口の増加を図る。また、都市と農山村の交流促進による持続可能な地域コミュニティの形成により、本地域特有の地域資源を将来世代へと引き継ぐ。

具体的取組内容

国際的な観光コンテンツを活用した広域観光周遊ルートの創出

  • 本エリア固有の地域資源を広域観光周遊ルートの形成に活用すると共に、国内はもとより海外からの観光誘客に向けた環境整備等、各種観光施策を推進する。

地域資源を守るコミュニティの維持

  • 本地域と都市部との連携交流を促進すると共に、地場産業の育成や小さな拠点の整備等を通じて中山間地域を含む本地域の自立を支援する。
  • 本地域と都市部との対流を形成し、地域コミュニティのさらなる活性化を図る。

関連インフラの整備等

  • 国際観光地日光を中心とした歴史・文化など豊富な観光資源が集積する主要観光地を結び、県域を越えた交流圏域を創出するため、県境をまたぐ広域幹線道路の整備を推進する。
  • 効率的かつ魅力ある観光周遊ルートの構築や地域コミュニティの維持・活性化を図るため、高速道路や新幹線等の広域交通ネットワークと主要観光地、さらには周辺地域間を結ぶ地域連携ネットワークの充実強化を図る。

プロジェクト参考資料

「日光・会津・上州歴史街道対流圏の強化プロジェクト」参考資料(PDF:1,343KB)

関連情報 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

交通政策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館14階

電話番号:028-623-2409

ファックス番号:028-623-2399

Email:kotsu@pref.tochigi.lg.jp