ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 県土整備部 > 砂防水資源課 > 土砂災害の対策(がけ崩れ)

ここから本文です。

更新日:2015年3月15日

土砂災害の対策(がけ崩れ)

がけ崩れ対策

 がけ崩れの危険がある斜面への対策には、コンクリートの枠を設置し、斜面を崩れにくくする法枠工や、斜面の下に擁壁を設置し、崩れた土砂を受け止める待受式擁壁工などがあります。

 斜面の状態によりさまざまな工法を選定し、施設整備を行います。

栃木県内の対策事例

 法枠工・アンカー工 (高根沢町 上柏崎)

吹付法枠工 アンカー工

 

待受式擁壁工 (矢板市 倉掛)

待受式擁壁工  

 

お問い合わせ

砂防水資源課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館14階

電話番号:028-623-2452

ファックス番号:028-623-2456

Email:sabou@pref.tochigi.lg.jp

広告