ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 県土整備部 > 日光土木事務所 > 国道121号(例幣使街道)の通行止めの実施について

ここから本文です。

更新日:2017年2月1日

国道121号(例幣使街道)の通行止めの実施について

経緯・目的

特別天然記念物・特別史跡である日光杉並木は植栽されてから390年以上が経過し、車社会の進展や周辺開発による生育環境の変化から樹勢が衰えています。

こうしたことから、杉並木を保護し貴重な文化遺産を後世に残すため、車両通行止めを実施します。

通行止めの概要

(1)対象区間 国道121号 日光市明神~板橋(L=1.0km)

  ※板橋バイパス(L=4.8km、整備済)の旧道区間のうち沿道地域の利用に影響の少ない区間 

(2)対策内容 車両通行止め(歩行者のみ通行可)とする。

(3)実施日時 平成29年3月21日(火曜日) 午後3時  

位置図

国道121号(例幣使街道)通行止め位置図

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

日光土木事務所

〒321-1414 日光市萩垣面2390-7

電話番号:0288-53-1211

ファックス番号:0288-53-1240

Email:nikko-dj@pref.tochigi.lg.jp

広告