ホーム > 県政情報 > 入札・公売 > 入札制度(公共事業以外) > 物品・役務における電子入札の導入について

ここから本文です。

更新日:2020年10月12日

物品・役務における電子入札の導入について

 デジタル化社会の進展や、新しい生活様式へ対応するため、令和3年度から順次、県の発注する「物品・役務」(建設工事に係る以外のものをいう。)の入札手続きは、原則として「電子調達システム」を利用して行うこととします。

 入札案件や入札結果も、インターネット上で閲覧できるようになります。

対象

 入札を行うもの  ※見積合わせは対象外

(例:物品:160万円超、役務:100万円超、印刷:250万円超の案件)

導入スケジュール

 令和3年度  県の本庁各課室が行う、物品・役務に関する入札

 令和4年度  県の出先機関が行う、物品・役務に関する入札

研修について

 詳細が決まり次第、ホームページ上等でお知らせします。

その他

 上記詳細はこちら↓を御覧ください。

  「栃木県の「物品・役務」に「電子入札」が導入されます」(PDF:165KB)

 

 ※電子調達システムの利用手続や導入スケジュール等の詳細は、研修会や県ホームページ等でお知らせします。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

会計管理課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館3階

電話番号:028-623-2091

ファックス番号:028-623-2080

Email:kaikei@pref.tochigi.lg.jp