ここから本文です。

更新日:2016年12月15日

平成28年産大豆のモニタリング検査について

平成28年産大豆のモニタリング検査について

≪検査のポイント≫

  • 安全の確保に万全を期すため、平成27年産大豆の取組を踏まえ、吸収抑制対策及び収穫後の検査を組合せて安全性を確保していきます。 
  • 検査にあたっては、あらかじめ全ての市町村に出荷の待機をお願いしており、市町村ごとの検査区域で、全ての検体が100 Bq/kg以下であることが確認されてから、出荷・販売されます。  

 

1 検査の実施状況

 モニタリング検査の結果、県内の全ての市町で生産された大豆について、出荷・販売が可能になりました。

  • 11月4日から
    栃木市
    小山市
    さくら市
    高根沢町
  • 11月10日から
    宇都宮市
    真岡市
    野木町
  • 11月17日から
    佐野市
    大田原市
    那須烏山市
    茂木町
    芳賀町
    那珂川町
  • 11月24日から
    矢板市
    那須塩原市
    市貝町  
  • 11月28日から
    日光市
  • 12月1日から
    上三川町
    益子町
  • 12月8日から
    鹿沼市
    足利市
    塩谷町
  • 12月15日から
    下野市
    壬生町
    那須町

 

平成28年産大豆のモニタリング検査状況【マップ】(PDF:260KB)

2 検査結果

【参考】平成23年から26年産大豆のモニタリング検査結果

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農政課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-2288

ファックス番号:028-623-2340

Email:nousei@pref.tochigi.lg.jp

広告