ホーム > くらし・環境 > 防犯・交通安全 > 被害者支援 > 犯罪被害給付制度について知りたい

ここから本文です。

更新日:2010年11月30日

犯罪被害給付制度について知りたい

よくある質問Q&A

この制度は、故意の犯罪行為により不慮の死亡、重傷病又は障害という重大な被害を受けたにもかかわらず何らの公的救済や加害者側からの損害賠償も得られない被害者又は遺族に対して、国が給付金を支給することにより、その精神的・経済的打撃の緩和を図るものです。
1 犯罪被害者等給付金の性格
犯罪被害者等給付金については、遺族給付金、重傷病給付金及び障害給付金の3種類があり、いずれも国から一時金として給付しています。この給付金は、見舞金的な性格のものです。
2 対象となる犯罪被害
日本国内又は日本国外にある日本船舶若しくは日本航空機内において行われた人の生命又は身体を害する罪に当たる行為(過失犯を除く。)による死亡、重傷病又は障害をいいます。
3 給付金の支給が受けられる被害者又は遺族の資格
日本国籍を有する人又は日本国内に住所を有する人です。外国人であっても当該被害の原因となった犯罪行為が行われた時において、日本国内に住所を有していた人については支給の対象となります。

お問い合わせ

  • 県警察本部 県民広報相談課犯罪被害者支援室 TEL:(028)623-3777

詳細ページへのリンク

お問い合わせ

警察本部

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 警察本部庁舎

電話番号:028-621-0110