ここから本文です。

更新日:2017年7月31日

政務活動費

1 政務活動費とは

 議員は、選挙により選出された県民の代表として、県政全般のさまざまな課題に対する県民の意思を議会活動を通じて県の施策に反映させるため、それらの課題に対する調査研究・企画・政策の立案などの活動(政務活動)を行う責務を担っています。

 政務活動費は、これらの活動に必要な経費の一部として、地方自治法に基づき、議会における会派に対して交付されているものです。

2 根拠法令等

地方自治法第100条第14項から第16項まで(PDF:36KB)

栃木県政務活動費の交付に関する条例(PDF:115KB)

栃木県政務活動費の交付に関する条例施行規程(PDF:103KB)  

栃木県政務活動費マニュアル(PDF:1,816KB)

3 制度の概要

交付対象 議会の会派に対し交付する。
交付額 月額30万円×会派の所属議員数
交付方法 会派の代表者からの請求に基づき4半期ごとに交付する。
収支報告 収支報告書に、領収書等を添付し、その年度の末日の翌日から起算して30日以内に議長に提出しなければならない。
政務活動費の返還 交付を受けた額に残余があるときには返還しなければならない。
収支報告書の閲覧 収支報告書を提出すべき期間の末日の翌日から起算して90日を経過する日の翌日から閲覧に供する。

 4 政務活動費の使途

 政務活動費を充てることができる経費及びその内容は次のとおりです。

経費 内容
調査研究費 会派による県の事務、地方行財政等に関する調査研究(視察を含む。)又は調査委託に要する経費
研修費 1 会派による研修会、講演会等の開催に要する経費
2 他の団体が開催する研修会、講演会等への参加に要する経費
広聴広報費 会派による県政に関する広聴広報活動に要する経費
要請陳情等活動費 会派による要請陳情、住民相談等の活動に要する経費
会議費 1 会派による各種会議、住民相談会等の開催に要する経費
2 他の団体が開催する各種会議への参加に要する経費
資料作成費 会派が行う活動に必要な資料の作成に要する経費
資料購入費 会派が行う活動に必要な図書等の購入・利用等に要する経費
事務費 会派が行う活動に係る事務の遂行に要する経費
人件費 会派が行う活動を補助する職員の雇用に要する経費

 

5 収支報告書等の閲覧

   提出された収支報告書等は、当該収支報告書を提出すべき期間の末日の翌日から起算して90日を経過する日の翌日から閲覧することができます。

閲覧場所 栃木県議会議事堂4階 閲覧室
受付 議会事務局総務課(議会議事堂2階)
閲覧時間 開庁日の午前9時から午後5時まで(正午から午後1時までを除く)
閲覧手続き 閲覧請求書に必要事項を記入してください
閲覧対象 収支報告書、領収書等の写し。

 

 ※収支報告書等のコピーが必要な場合は、有料(1枚10円)にて交付します。詳しくは議会事務局までお問い合わせください。

6 平成28年度交付分政務活動費収支報告状況

  この表は、各会派から提出された政務活動費の収支報告書の内容を取りまとめたものです。

平成29年5月1日現在  (単位:円)

交付額 調査研究費 研修費 広聴広報費 要請陳情等
活動費
会議費
179,700,000 38,454,972 1,781,282 17,133,483 52,244 648,628

 

資料作成費 資料購入費 事務費 人件費 支出額計 返還額
902,418 5,855,184 8,717,075 68,510,072 142,055,358 37,644,642

 

 7 政務活動費調査会報告書について

 栃木県議会では、栃木県議会政務活動費調査会を設置し、会派から提出された収支報告書等について、調査を行い、議長に

報告書を提出しています。報告書の内容は以下のとおりです。

 ・平成27年度栃木県議会政務活動費報告書(平成28年7月25日)(PDF:85KB)

 ・平成28年度栃木県議会政務活動費報告書(平成29年7月27日)(PDF:70KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県議会事務局 総務課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎議会議事堂2階

電話番号:028-623-3753

ファックス番号:028-623-3755

Email:gikai@pref.tochigi.lg.jp

広告