更新日:2021年2月1日

ここから本文です。

少年のみなさんへ

社会のルールを守ろう!

-こんなこと言ったり思ったりしている子、いないかな?-

  1. 「たばこ吸おうぜ~。」
  2. 「お酒飲んで楽し~い。」
  3. 「今日オールで遊ぼうよ。」
  4. 「一応ナイフ持ち歩いているよ。」
  5. 「エアソフトガンで遊ぶのおもしろいんだ~。」
  6. 「これほしいな。万引きしてもどうせバレないよ。」
  7. 「自分のパクられて困ってたから、人の自転車乗っちゃった。」
  8. 「あいつムカつくから、掲示板に悪口カキコしちゃえ。」
  9. 「おこづかいもっとほしいなー。出会い系でエンコーでもやろうかな。」

社会のルールを守ることは、非行のブレーキを自分で踏むということです。
犯罪被害にあう危険性から自分の身を守ります。

2.「お酒飲んで楽し~い。」

  • 自分の体質や飲酒適量を知らずに急に多量のアルコールを飲んでしまうと、急性アルコール中毒になる等、生命に危険を及ぼすことがある。
  • だんだん気が大きくなり、正常な判断ができなくなる。
    物を壊したり、ケンカをしたり・・・酔いが覚めた後、後悔が待っています。
  • 多量のアルコールを飲み続けると、内臓(肝臓や胃)に悪影響を及ぼしたり、アルコール依存症になったりする。

★発達段階にある脳はアルコールの影響を受けやすく、脳の萎縮を早め、記憶力や問題解決能力を低下させるんだ。
未成年者の飲酒は、「未成年者飲酒禁止法」という法律で禁止されています。また、飲酒したり、飲酒する目的で酒類を持っていたりすると、補導の対象になります。

飲酒イメージ

お問い合わせ

生活安全部人身安全少年課

〒320-8510 宇都宮市塙田1-1-20 警察本部庁舎

電話番号:028-621-0110(代表)