ホーム > くらし・環境 > 税金 > 県税 > 災害などの事情のために県税を納められない場合の救済措置について知りたい

ここから本文です。

更新日:2014年3月12日

災害などの事情のために県税を納められない場合の救済措置について知りたい

よくある質問Q&A

納期限までに税金を納められない次のような事情がある場合は、徴収の猶予が認められます。また、災害などを受けた場合は、税金が減額又は免除されます。このような場合は、徴収猶予の申請又は減免の申請を所轄の県税事務所又は自動車税事務所に提出してください。

徴収の猶予

  • 本人の財産について災害又は盗難にあったとき。
  • 本人や家族が病気や負傷をしたとき。
  • 事業に大きな損失を受けたとき又は廃業・休業したとき。
  • 軽油引取税で、軽油の代金が売り掛けになっているとき。

県税の減免等

  • 個人の事業税で、災害により事業用資産の全部又は一部に損害を受けたとき。
  • 不動産取得税で、災害により滅失又は損壊した不動産に代わる不動産を、当該滅失又は損壊した日から3年以内に取得したとき、又は取得してから1年以内に災害により不動産が滅失又は損壊したとき。
  • 自動車税や自動車取得税で、心身に一定の障害がある方などが足がわりに自動車を使用するとき。
  • 自動車税や自動車取得税で、災害により自動車が滅失し、又は損壊したとき。
  • 軽油引取税で、軽油の代金などを受け取ることができなくなったことについて正当な理由があるとき又は受け取った税金を災害により失ったとき

詳しくは、各県税事務所にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

詳細ページへのリンク

お問い合わせ

税務課 課税・収税担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館10階

電話番号:028-623-2109

ファックス番号:028-623-3454

Email:zeimu@pref.tochigi.lg.jp