更新日:2017年6月14日

ここから本文です。

県の予算と事業(けんのよさんとじぎょう)

(けん)の仕事(しごと)を進(すす)めるためには、多(おお)くのお金(かね)が必要(ひつよう)になります。

一年間(いちねんかん)に、どれだけのお金(かね)が入り、それをどう使(つか)うかを県議会(けんぎかい)で決(き)めます。これを予算(よさん)といいます。

お金(かね)が入(はい)ってくることを歳入(さいにゅう)といい、これは、みなさんのお父(とう)さんやお母(かあ)さんたちが県(けん)におさめる税金(ぜいきん)などです。

また、そのお金(かね)は、いろいろな仕事(しごと)に使(つか)われます。それを歳出(さいしゅつ)といいます。

では、平成29年度(へいせい29ねんど)の歳入(さいにゅう)と歳出(さいしゅつ)をみてみましょう。

平成29年度予算(へいせい29ねんどよさん)
8,159億8千万円(はっせん ひゃく ごじゅう きゅうおく はっせん まんえん)

平成29年度予算の割合図

ページの先頭へ戻る

どれくらいのお金(かね)を使(つか)っているのかな

(けん)が平成29年度(へいせい29ねんど)に使(つか)うお金(かね)を、ひとつの家庭(かてい)のぶんにすると、どれくらいになるかな?

教育(きょういく)・文化(ぶんか)
240,837円(えん)

福祉(ふくし)の向上(こうじょう)

健康(けんこう)づくりに
211,373円(えん)

商業(しょうぎょう)や工業(こうぎょう)

発展(はってん)
96,452円(えん)

住宅(じゅうたく)・公園(こうえん)
下水道(げすいどう)・道路(どうろ)
110,907円(えん)

犯罪(はんざい)や交通事故(こうつうじこ)
防止(ぼうし)
55,642円(えん)

農業(のうぎょう)・林業(りんぎょう)

水産業(すいさんぎょう)の発展(はってん)
46,001円(えん)

(か)りたお金(かね)を返(かえ)すために
137,091円(えん)

そのほか
158,610円(えん)

合計(ごうけい)

1,056,913円(えん)