ホーム > くらし・環境 > 環境 > 環境保全 > 栃木県の環境影響評価制度

ここから本文です。

更新日:2017年4月1日

栃木県の環境影響評価制度

環境影響評価制度とは

 環境影響評価制度とは、環境に著しい影響を及ぼすおそれのある大規模な開発事業等を実施しようとする者が、その事業が環境に及ぼす影響について、あらかじめ調査・予測・評価を行い、その情報を公表し、県民の皆様などから提供される「環境の保全の見地からの意見」を事業計画に適切に反映させることにより、その事業計画を環境保全の観点からよりよいものにしていくための手続を定めた制度です。

 栃木県では、「栃木県環境影響評価条例」を平成11年3月に制定し、同年6月に施行しました。この条例は、法で定める対象事業以外のものについても環境影響評価の対象とし、環境保全について適正な配慮がなされることを確保することを目的としています。

 なお、本県の生活環境が制度制定当初の昭和50年代と比較し大きく改善していること、また、持続的に発展できる社会の構築の観点から良好な環境の保全と秩序ある土地利用のバランスをとる必要があることを踏まえ、平成29年4月に、制度の対象規模要件を見直す規則の一部改正を行いました。

栃木県の環境影響評価の手続 

栃木県環境影響評価条例について

 環境影響評価の手続の流れ

  条例等の本文については、次の項目をご覧ください。

平成29年4月1日改正

環境影響評価法について

  環境影響評価法については、環境省が提供する「環境影響評価情報支援ネットワーク」を御覧ください。

  [環境省]環境影響評価情報支援ネットワーク(外部リンク)

 

 環境影響評価手続中の案件の縦覧情報

   現在、縦覧中の図書はありません。

栃木県環境影響評価技術審査会について

 栃木県環境影響評価条例の規定による環境影響評価等に係る技術的事項の調査・審議を行うために、学識経験を有するもので構成する「栃木県環境影響評価技術審査会」を設置しています。

 審査会の開催情報については、以下のページをご覧ください。

栃木県環境審議会 環境影響評価部会について

 本県の環境影響評価制度の見直しについて検討するため、栃木県環境審議会条例に基づき、平成28年2月17日に環境影響評価部会を設置しました。

 開催情報については、以下のページをご覧ください。

第1回環境影響評価部会(H28.5.20) 

第2回環境影響評価部会(H28.7.15)

第3回環境影響評価部会(H28.8.29)

パブリック・コメントの実施について

 環境影響評価制度の見直し及び同見直し案に対するパブリック・コメントを平成29年1月20日から平成29年2月20日まで実施しました。

 実施状況については、以下のページを御覧ください

・パブリック・コメントの実施結果について

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境森林政策課 環境立県戦略室

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館11階

電話番号:028-623-3294

ファックス番号:028-623-3259

Email:kankyo-shinrin@pref.tochigi.lg.jp

広告