ここから本文です。

更新日:2017年4月15日

外来種の問題

 外来種による生態系の攪乱は、生物多様性に対する大きな脅威の1つです。

外来種とは 

 外来種とは、自然に分布する範囲を超えて、人間の活動によってその地域にやってきた生物種のことです。外来種は、意図的に人が持ち込む場合(例:食用で輸入した動物が脱走)もあれば、非意図的に侵入してくる場合(例:貨物に紛れ込んでくる)もあります。

 また、海外から日本に来たものだけでなく、日本国内の移動でも「外来種」になることがあります。例えば、北海道にカブトムシは元々生息していませんので、日本国内であっても北海道以外の地域から北海道にカブトムシを持ち込めば「外来種」となります。

外来種の問題点

生態系への影響

 生態系は長い年月で培われた微妙なバランスで成り立っているため、外来種が自然界に定着してしまうと、既存の生態系に大きな影響を与える場合があります。

 例えば、動物の場合、天敵となる生物がいないため短期間で大量に繁殖し、在来種(従来からその地域に生息・生育していた生き物)を捕食したり、在来種と競合して在来種の生息場所を奪ってしまうことがあります。
また、外来種によって寄生虫やウィルスなどが持ち込まれると、対抗する手段のない在来種に深刻なダメージを与えることになります。

 外来種の中には、近縁の在来種と交配するものもあり、その結果、長い時間をかけて地域に適応してきた在来種の遺伝的特質が短期間で変えられてしまう可能性があります。

農林水産業への影響

 外来種の中には、農作物を荒らしたり魚を捕食したりして、農林水産業に被害をもたらす種があります。

人の生命・身体への影響

 外来種の中には、人を咬んだり、毒をもっていたりする種があります。

 

外来種対策

外来種被害予防三原則

 外来種による被害を予防するためには、県民ひとりひとりのご理解が必要です。ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

1.入れない ~悪影響を及ぼすおそれのある外来種を自然分布域から非分布域へ「入れない」。
2.捨てない ~飼養・栽培している外来種を適切に管理し、「捨てない」(逃がさない・放さない・逸出させないことを含む)。
3.拡げない ~既に野外にいる外来種を他地域に「拡げない」(増やさないことを含む)。

外来生物法 

 「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」(通称:外来生物法)では、生態系、人の生命・身体、農林水産業に被害を及ぼす外来生物で、明治時代以降に導入されたもののなかから『特定外来生物』を指定し、その飼養、栽培、保管、運搬、輸入などを規制しています。

環境省ウェブサイト『日本の外来種対策』(外部サイトへリンク)

 

栃木県における状況 

 県内でも、外来種が在来種の数の減少や生息・生育地の縮小の原因の1つとなっています。また、外来種によって農林水産業に被害が発生しているほか、人の生命・身体への被害発生の可能性が懸念されています。

 国が指定する特定外来生物も数多く確認されていますが、県内に広く分布しているアライグマ、オオクチバス、オオハンゴンソウなどの種から、クビアカツヤカミキリのように分布を拡大しつつある種まで、侵入状況やその種が及ぼす影響は様々であり、個々の種の状況に応じた対策が重要です。

 また、特定外来生物以外でも、例えばシナダレスズメガヤのように在来種の生育地を脅かしたり、ハクビシンのように農業被害を発生させている外来種もあります。

特定外来生物対策在り方検討有識者会議

 令和2(2020)年6月、県内の特定外来生物対策の在り方について、各関係分野の有識者から専門的知見を聴取し、検討することにより、その充実・強化を図ることを目的として、特定外来生物対策在り方検討有識者会議を設置しました。
詳細は下記リンク先にてご確認ください。

 特定外来生物対策在り方検討有識者会議

県内の外来種に関する情報

その他取組

 

お問い合わせ

自然環境課 自然保護担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-3207

ファックス番号:028-623-3212

Email:shizen-kankyou@pref.tochigi.lg.jp