ホーム > 福祉・医療 > 社会福祉・地域福祉 > 地域福祉 > 生活福祉資金貸付制度の概要

ここから本文です。

更新日:2010年11月30日

生活福祉資金貸付制度の概要

生活福祉資金について

 低所得者世帯や高齢者世帯、障害者世帯に対し、例えば、技術習得や高校・大学等への就学、負傷又は疫病等の療養に必要な経費等の貸付けを行っています。 

申請窓口

 栃木県社会福祉協議会(外部リンク)を実施主体として、県内の各市町社会福祉協議会(外部リンク) が窓口となって対応しています。

貸付対象

 県内に居住する次に掲げる世帯で、資金の貸付けにより今後の自立が見込まれる世帯

 1.低所得世帯
    ・・・一定の所得基準額以下の世帯

 2.高齢者世帯
    ・・・日常生活上療養又は介護を要する65歳以上の方が属する世帯で、一定の所得基準額以下の世帯

 3.障害者世帯
    ・・・障害を持つ方が属する世帯

貸付資金の種類

  • 総合支援資金 (失業者等、日常生活全般に困難を抱えている世帯に対して、生活再建までの間に必要な生活費等)
  • 福祉資金 (住宅の増改築、福祉用具購入、療養等に必要な経費及び緊急小口資金)
  • 教育支援資金 (就学及び入学するために必要な経費)
  • 不動産担保型生活資金 (高齢者世帯に対して、一定の居住用不動産を担保とした生活費)

  ※貸付条件等一覧(外部リンク)

 

連帯保証人

 原則、必要としますが、連帯保証人がいない場合でも貸付け可能です。

貸付金利子

 連帯保証人がいる場合は無利子
 連帯保証人がいない場合は年1.5%
 ※緊急小口資金及び教育支援資金は無利子
   不動産担保型生活資金は年3%又は長期プライムレートのいずれか低い利率

お問い合わせ

保健福祉課 地域福祉担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館4階

電話番号:028-623-3047

ファックス番号:028-623-3131

Email:hofuku@pref.tochigi.lg.jp