ホーム > 福祉・医療 > 健康・保健衛生 > 生活習慣病 > 「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」という病気を知っていますか?

ここから本文です。

更新日:2015年10月4日

「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」という病気を知っていますか?

「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」とは?

COPD(シー・オー・ピー・ディー:Chronic Obstructive Pulmonary Dlsease)「慢性閉塞性肺疾患」は、喫煙を主な原因とする進行性の炎症性疾患です。主な症状は、慢性の咳、痰や運動時の呼吸困難などで、治療せずに放置すると呼吸不全に至ることがあります。日本ではまだこの病気に関する認知度が低く、多くの患者が未診断・未治療の状態にあると考えられています。高齢者の増加に伴い、今後、患者数はさらに増えると予想されています。

発症や重症化を予防するためには、知識の普及や早期発見のための取組が重要であり、栃木県では今後様々な機会を通じて普及啓発を行っていきます。

COPDについて詳しい内容を知るためには

 

お問い合わせ

健康増進課 がん・生活習慣病担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3095

ファックス番号:028-623-3920

Email:kenko-zoshin@pref.tochigi.lg.jp