ここから本文です。

更新日:2015年10月5日

糖尿病関連情報

糖尿病とは

糖尿病は自覚症状がほとんどなく、健診で見つかることが多い病気です。糖尿病を治療しないで放置しておくと、網膜や腎臓・神経などの細い血管や脳・心臓などの太い血管が動脈硬化をおこし、さまざまな合併症の危険が高まります。合併症を引き起こすと、慢性腎不全から透析が必要になったり、網膜症による失明、手や足の壊疽(えそ)になることもあります。

糖尿病は生活の質にも関わる重要な病気なので、予防と重症化の防止が大きなポイントになります。

糖尿病予防・重症化防止の県内の取組

栃木県では、「世界糖尿病デー」(11月14日)や「全国糖尿病週間」(11月14日を含む1週間)のある11月を「糖尿病予防・重症化防止強化月間」とし、県内の関係機関や団体と協力しながら「糖尿病予防・重症化防止キャンペーン」を展開し、県民に対する普及啓発を行っています。

 2011糖尿病予防普及啓発イベントの様子

栃木県における糖尿病対策についてお知らせします。


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康増進課 生活習慣病医療担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3095

ファックス番号:028-623-3920

Email:kenko-zoshin@pref.tochigi.lg.jp