ホーム > 福祉・医療 > 障害者 > 障害福祉サービス > 事業者の方へ > 障害児者福祉施設・サービス事業所における風水害対策計画の作成例について

ここから本文です。

更新日:2019年8月16日

障害児者福祉施設・サービス事業所における風水害対策計画の作成例について

障害者、障害児を預かる障害者支援施設、障害福祉サービス事業所、障害児入所施設、障害児通所事業所では、地震や火災、風水害(水害、台風、竜巻等風害、雪害)などへの備えが重要です。

指定事業者は指定基準に基づき、非常災害に関する具体的計画(非常災害(風水害)対策計画)を作成する必要があります。(訪問系サービス、相談支援事業所を除く。)

栃木県では以下のとおり非常災害(風水害)対策計画の作成例を作成しましたので、新たに非常災害(風水害)対策計画を作成する際や既存計画の見直しの際に、この作成例を参考として、自らの施設の実情に適合したより良い計画を作成いただくようお願いします。

障害児者福祉施設・サービス事業所における風水害対策計画【作成例】(ワード:1,083KB) 

 関係通知

非常災害対策計画の作成及び避難訓練の実施の推進について(令和元(2019)年8月5日栃木県保健福祉部障害福祉課長等連名通知)(PDF:129KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

障害福祉課 福祉サービス事業担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館4階

電話番号:028-623-3029

ファックス番号:028-623-3052

Email:syougai-fukushi@pref.tochigi.lg.jp

広告