ホーム > くらし・環境 > 食生活 > 食品衛生 > 食肉の検査について > BSE(牛海綿状脳症)スクリーニング検査状況

ここから本文です。

更新日:2018年1月17日

BSE(牛海綿状脳症)スクリーニング検査状況

  • 安全な食肉を供給するために、県内3か所の食肉衛生検査所(県南、県北、宇都宮)において、BSE(牛海綿状脳症)のスクリーニング検査を実施しています。(平成13年10月から。なお、平成28年4月1日からは県北、宇都宮の2か所。)
  • 最新の検査結果は、週単位で集計し翌週の火曜日に更新しています。(月曜日が祝日等の時は水曜日)

BSE検査対象

~平成25年6月 全ての牛
平成25年7月~ 48か月齢超の牛
平成29年4月1日~ 24か月齢以上で、神経症状や全身症状を呈する等、BSEである可能性が完全に排除できない牛

 

牛海綿状脳症スクリーニング検査状況

関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

生活衛生課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館5階

電話番号:028-623-3109

ファックス番号:028-623-3116

Email:eisei@pref.tochigi.lg.jp

広告