ホーム > 産業・しごと > 商工業・企業立地 > 販路開拓・経営支援 > 栃木県では「空き店舗を活用した創業支援事業」を実施しています!

ここから本文です。

更新日:2017年5月26日

栃木県では「空き店舗を活用した創業支援事業」を実施しています!

 

1 空き店舗を活用した創業支援事業について

 栃木県では、創業を支援するため、空き店舗を活用した創業支援事業を実施しています。
 事業の概要等は以下のとおりです。 

「空き店舗を活用した創業支援事業」の概要

 栃木県、市町、商工団体、金融機関、専門家等により構成された「とちぎ地域企業応援ネットワーク」の有機的な連携により、商店街関係者等と出店希望者のマッチング支援及び創業後間もない段階での支援を実施することにより、創業の促進を図ります。

  • ステップ1 商店街等の空き店舗のエントリー
     本事業の対象となる空き店舗の情報を登録します。【関係市町⇒県】
  • ステップ2 出店希望者の募集
     県や商工団体等が実施する創業塾・セミナー等の修了者等を対象に空き店舗の情報提供を行います。
     UIJターン希望者向けの説明会等において本事業の案内を行うなど移住希望者にも配慮した取組とします。
     その他、創業を希望する方に、県HP等による広報を通じて周知します。
  • ステップ3 タスクチームの編成
     県、関係市町、商工団体によりタスクチームを編成します。
     タスクチームでは、打合せ会議等を実施し、対象業種の絞込みや出店希望者の選定等を行います。
  • ステップ4 マッチングの実施
     空き店舗への出店を希望する方からの申し出がありましたら、タスクチームにより、必要に応じて出店希望者向け現地説明会や相談会、出店希望者と商店街等関係者との交流会などを実施します。
  • ステップ5 タスクチームの補充
     マッチングが成立しましたら、タスクチームに取引先の金融機関や専門家を加え、出店希望者の創業を支援する体制を強化します。
  • ステップ6 タスクチームが創業時・創業後間もない段階の支援を継続して実施

この事業における県の支援策

 このマッチング事業の支援を受け、登録された空き店舗において創業された方を対象とした県の支援策として、「創業支援専門家派遣事業」及び「創業初期経費助成事業」の2つを設けています。

  • 創業支援専門家派遣事業
     本事業の支援を受けマッチングが成立した方を対象に、創業初期の経営について診断・助言を行うため、中小企業診断士、税理士等の専門家を派遣します。
     【経費の負担】:県(謝金)
      ※ただし、派遣を受ける企業側の都合や要請等により、特別に作成の必要が生じた資料(調査・レポート等)の
       作成経費や、有料の会議室等を別途使用する必要が生じた際の会場使用料等については、派遣を受ける企業の
       負担となります。
     【派遣回数】 :1企業当たり1年度につき最大3回まで
  • 創業初期経費助成事業
     登録された空き店舗での創業に際して、市町の補助制度が適用される場合については、市町の補助対象経費以外の改装費及び広告宣伝費等について、「とちぎ未来チャレンジファンド活用助成事業」の交付申請を行うことができます。
     【助成限度額】: 原則 50万円
     【助成率】  : 1/2

2 登録空き店舗について

 現在までに、栃木県内の市町から登録を受け付けた空き店舗情報は、次のとおりです。
 (各市町名をクリックしてください。)

※各市町名をクリックしたリンク先に掲載されている空き店舗情報は、各市町から登録申請のあったデータを掲載した
 ものです。(市町・商工団体等の公開している空き店舗データベースにリンクしている場合があります。)
栃木県及び本事業で編成されるタスクチームでは、物件の仲介・斡旋及び交渉・契約への関与は行いません。
 自己の責任において、物件の所有者又は不動産仲介業者との交渉・契約を行ってください。

 

 3 関連資料

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経営支援課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館6階

電話番号:028-623-3174

ファックス番号:028-623-3340

Email:shienshitsu@pref.tochigi.lg.jp