ホーム > 産業・しごと > 農業 > 経営・技術 > 農薬、肥料、病害虫関連 > 牛ふん堆肥中のクロピラリドが原因と疑われる園芸作物等の生育障害について

ここから本文です。

更新日:2017年8月30日

牛ふん堆肥中のクロピラリドが原因と疑われる園芸作物等の生育障害について

輸入粗飼料を給与した家畜の排せつ物由来の堆肥を使用した場合、海外で使用された農薬成分(クロピラリド)により、トマト、スイートピー等の園芸作物や、マメ科牧草等の生育に障害を起こす可能性があります。
そのため、以下のチラシを参考に対策に取り組みましょう。

 

 クロピラリド関連情報「農林水産省」(外部サイトへリンク)

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経営技術課 環境保全型農業担当

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館12階

電話番号:028-623-2286

ファックス番号:028-623-2315

Email:agriinfo@pref.tochigi.lg.jp