ホーム > 県政情報 > 庁舎・組織の案内 > 農政部 > 塩谷南那須農業振興事務所 > 強くてしなやかな農業・農村 > 農業用ため池の管理及び保全に関する説明会を開催しました

ここから本文です。

更新日:2019年7月25日

農業用ため池の管理及び保全に関する説明会を開催しました

近年、台風等による豪雨や大規模な地震により農業用ため池が被災するケースが多発し、平成30年7月の西日本豪雨では農業用ため池が決壊したことで下流域に大きな被害が発生しました。

このような状況を踏まえ、ため池の適正な管理及び保全を行うため「農業用ため池の管理及び保全に関する法律」が制定され、令和元年7月1日に施行されました。

法律では、全てのため池で所有者等の情報を県へ届け出ることや防災上重要なため池を「特定農業用ため池」に指定し、ハザードマップの作成や堤体の掘削等を県の許可制にすることなどが定められています。

塩谷南那須管内には143ヶ所の農業用ため池があり、そのうち59ヶ所は、特定農業用ため池に指定されており、法律に基づく適正な管理及び保全が求められていることから、7月11日、ため池の所有者等を対象に、法律の概要や今後取り組むべきことなどについて説明会を開催しました。

また、説明会終了後には、栃木県土地改良事業団体連合会の指導のもと、猿久保溜池(那須烏山市小塙)に移動して、日常管理や簡易診断の手順等について研修を行いました。

 

  ため池説明会        猿久保溜池研修

   所有者等に向けた法律説明会                                   猿久保池での現地研修

 

 

農業用ため池の届出制度・特定農業用ため池の指定について(PDF:472KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

塩谷南那須農業振興事務所 農村整備部

〒329-2163 矢板市鹿島町20-22 塩谷庁舎

電話番号:0287-43-1261

ファックス番号:0287-43-4072

Email:shioya_minaminasu-nsj@pref.tochigi.lg.jp

広告