ここから本文です。

更新日:2020年9月9日

ドローンの操作説明会を行いました(8月)

当事務所では、農地・農業用施設災害等の被害状況把握、農業農村整備事業の工事進捗管理、作物作付状況把握、農業農村のPR写真撮影等々、上空や立ち入り不可能な被災場所での確認及び撮影作業を行うためドローン(無人航空機)を導入しました。

安全にドローンを操作するために、職員を対象とした操作説明会と飛行訓練を積み重ね操作を習得するための飛行練習を行っています

今月は、塩谷町の玉生運動場にて操作説明会と飛行練習を行いました。

 

〔操作説明等〕

航空法及びガイドライン等のルール遵守、運用に係る留意事項、事故の事例、機体のパーツ装着及び脱着、飛行前後の点検、操作等の説明を行いました。

説明

 

 

〔飛行練習〕

各自、飛行練習に入りました。

重に、上昇・下降・前進・後進・旋回など操作。

今回の参加者は、ほとんどが初心者で、思った方向に飛ばない場面もありましたが、徐々に操作に慣れて飛行が安定してきました。

(左右の操作レバーから指を離せば、ホバリングするのでひとまず安心。)

練習

 

 

〔撮影〕

短時間で操作も慣れ、写真や動画を撮影する余裕も出てきました。

運動場上空から、農地整備後の水田地帯(塩谷東部地区)を撮影しました。

(塩谷町玉生、道下を望む)

水田撮影

 

今後も、操縦技量を習得し安全な飛行に努め、ドローンを活用していきます。

お問い合わせ

塩谷南那須農業振興事務所

〒329-2163 矢板市鹿島町20-22 塩谷庁舎

電話番号:0287-43-1261

ファックス番号:0287-43-4072

Email:shioya_minaminasu-nsj@pref.tochigi.lg.jp

広告