ホーム > 社会基盤 > 交通・道路 > 公共交通 > とちぎの公共交通ポータルサイト

ここから本文です。

更新日:2018年10月25日

とちぎの公共交通ポータルサイト

 01_IROHA

真岡鐵道コスモス

野岩紅葉

リーバス

  • 栃木県を訪れる皆様が、公共交通の路線情報等をはじめ、観光や渋滞対策など、とちぎの公共交通に関する様々な情報をワンストップで入手できるよう、この「とちぎの公共交通ポータルサイト」で情報発信しています。
  • 本県を周遊するにあたり、本サイトの情報をご活用ください。

お知らせ

  • 県内観光地へのアクセスには「公共交通」をご利用ください!

平成30年4月~6月「本物の出会い栃木」デスティネーションキャンペーン(とちぎDC)

平成31年4月~6月にアフターDCが開催されます。

とち旅ネットバナー栃木県観光物産協会サイト(外部サイトへリンク)

  • 栃木県の魅力を、全国の皆様に感じていただけるよう、栃木県・JR東日本・東武鉄道・関係機関が中心に、地域が一帯となったおもてなしで、お客様をお迎えいたします。
  • なお、世界遺産「日光の社寺(東照宮、輪王寺、二荒山神社等)」など、県内の主要観光地周辺では、自動車交通の混雑が予想されますので、ご来訪いただく際は、鉄道・バスなどの「公共交通」をご利用ください。

英国大使館・イタリア大使館・ベルギー大使館別荘周辺へのアクセス

英国・イタリア大使館別荘記念公園周辺は土日祝日などは特に混雑することが予想されます。できるだけ公共交通機関のご利用をお願いいたします。詳細は以下リンク先ご確認ください。

とちぎの公共交通らくらく情報案内

「とちぎの公共交通らくらく情報案内」らくらく情報案内バナー

栃木県内のバス・鉄道の路線案内図です。どこにバス路線があるかを地図上で確認することができます。鉄道会社、バス会社、市町営バスの情報ページや、県内各地の主要な観光地へのアクセス情報も掲載しています。

観光地の渋滞対策情報

日光市の二社一寺周辺における渋滞対策(2018年GW)の実施について

日光地域におけるパーク&バスライド社会実験、日光宇都宮道路の料金割引社会実験、ホリデーパーキングなどの渋滞対策についての御案内です。

日光市の二社一寺周辺における渋滞対策(2018年GW)の実施結果

平成30(2018)年ゴールデンウィーク(4月28日~5月6日)における日光渋滞対策の取組結果です。

第2いろは坂(国道120号)の一方通行化社会実験について

平成30(2018)年紅葉シーズン(10月27日~11月4日)における日光いろは坂渋滞対策の社会実験についてのおしらせです。

栃木県内の公共交通に関するデータ集(とちぎの公共交通)

  • 栃木県内の公共交通カバー率や輸送人員の推移、補助金の状況等に関するデータ集です。
  • 栃木県内の公共交通ネットワークを構築するにあたっての基礎資料として平成20年度から本冊子をとりまとめています。

 →とちぎの公共交通とちぎの公共交通表紙

のりもの・のりかたガイドブック

  • 車社会の栃木県で、公共交通機関を利用する機会が減少する中、子どのものうちから公共交通に触れる機会を作り、興味を持ってもらうことで利活用促進につなげるため、小学生向けの公共交通に関する副読本を作成し、毎年県内の小学2年生全員に配布しています。以下リンク先ページにガイドブックを掲載しています。

 →公共交通利活用促進副読本(のりもの・のりかたガイドブック)のりもの・のりかたガイドブック表紙

エコ通勤に関する情報

  • ひとつひとつの事業所が、ひとりひとりの通勤者が、 マイカー通勤から「電車やバス、自転車、徒歩など」での通勤へと自発的・主体的に転換していくことがとても大切でこれらの環境にやさしい通勤を「エコ通勤」といいます。エコ通勤にご協力お願いいたします。以下リンク先ページでエコ通勤についての説明を掲載しています。

 →エコ通勤についてのページ

地域共助型生活交通導入ガイドライン

  • 中山間地域や郊外集落等では、人口減少や高齢化の進行により、公共交通の利用者が減少し、路線バスの減便や廃止、また、市町村の運営するデマンド交通等の生活交通についても財政負担の増大といった課題を抱えており、持続可能な住民の移動手段の確保が求められています。
  • 地域共助型生活交通とは、自家用有償旅客運送の「公共交通空白地有償運送」を活用して、中山間地域や郊外集落等において、地域の需要に見合った持続可能な生活交通手段を確保することを目的として、地域住民が主体となって自家用車等を活用し、有償で運送を行うことができる制度です。
  • 栃木県では、自家用有償旅客運送の公共交通空白地有償運送を「地域共助型生活交通」と位置づけて、その導入にあたっての必要な手続き等をガイドラインにまとめました。ガイドライン本体及び概要などを以下リンク先ページに掲載しています。

LRT関連情報

  • 宇都宮市及び芳賀町が進めるLRTの取組は、県民の皆様はもとより、国内外からの来訪者の方々にとっても魅力的な交通手段で、栃木県内の公共交通ネットワークの形成に重要なものであり、栃木県に元気をもたらし「選ばれる”とちぎ”」に向けて大きな力となることから、県としても支援しています。以下リンク先ページに関連情報を掲載しています。

栃木県の公共交通政策とLRTについて

LRT工事情報

LRTの県民理解促進の取組について

JR東日本及び東武鉄道への要望活動について

  • 栃木県では毎年、県内市町と共同で、東日本旅客鉄道株式会社(大宮支社、高崎支社)と東武鉄道株式会社に対して、栃木県内の鉄道に関する利便性向上について要望活動を行っています。以下リンク先ページに要望書を掲載しています。

 →鉄道会社への要望活動

栃木県生活交通対策協議会

  • 栃木県内の生活交通の維持、改善及び充実を図り、持続可能な生活交通ネットワークの構築のため、バス路線の休廃止や、バスに関する補助金に関する協議を行っています。 以下リンク先ページに開催状況など協議会の概要を掲載しています。

 →栃木県生活交通対策協議会の紹介

関連リンク

 

Top of page

お問い合わせ

交通政策課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館14階

電話番号:028-623-2187

ファックス番号:028-623-2399

Email:kotsu@pref.tochigi.lg.jp