重要なお知らせ

 

閉じる

更新日:2020年12月2日

ここから本文です。

ダムがあっても渇水?

取水制限

 雨が少なく川に必要な流量が不足しているとき、ダムから補給してこれを補います。しかし、ダムからの補給が続きダムの貯水量がなくなってしまうと、ダムが無いときと同じように水利用が雨頼みとなり、不安定になります。

 そこで、今後の気象予報や季節的な水利用の増減などを考慮しながら、互譲の精神のもとに関係機関の合意によって取水制限の実施が決定されます。

 近年、栃木県では主に次の河川で取水制限が実施されています。

  • 利根川水系鬼怒川:2016年、2017年、2018年
  • 利根川水系渡良瀬川:2016年、2017年、2018年
  • 那珂川水系(※支川を含む全流域) :2019年

渇水まとめ

お問い合わせ

砂防水資源課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館14階

電話番号:028-623-2452

ファックス番号:028-623-2456

Email:sabou@pref.tochigi.lg.jp

バナー広告