ここから本文です。

更新日:2013年3月5日

ダムの働きについて

治水(洪水調節)

 台風などにより大雨が降った場合、一度に多くの水が河川に流れ、水害が発生することがあります。この水害を防ぐために流水を一時的にダムに貯留し、安全な範囲で調節しながらダムの水を流すことを洪水調節といいます。この洪水調節によって河川の水位を下げ、氾濫による人命や家屋への被害を防ぎます。

→ 県土整備部所管ダムによる洪水調節記録

治水

 

 

利水(水道用水・かんがい用水・発電用水)

 ダムに貯蓄された水は日々の暮らしに欠かせない生活用水を始め、農業用水や工業用水、発電などにも使用されています。ダムからの水は新たな水利用を可能にするとともに、渇水時には、日常生活や農作物への影響を緩和するため貯留した水を下流に流すことで、農家等による取水の安定化に寄与しています。

→ 松田川ダムにおける河川への水補給効果

利水

 

 

環境(既得取水の安定化と河川環境保全等のための流水の確保)

 河川には漁業、観光、景観、動植物の生息地、人と河川との豊かな触れ合いの確保といった様々な機能があります。ダムでは、渇水時においてもこうした河川の持つ機能を維持するため、河川への流水の補給を行います。渇水は流域に住む人々や農業等への影響が大きいため、貯留しておいたダムからの水は非常に重要なものとなります。

 

お問い合わせ

砂防水資源課

〒320-8501 宇都宮市塙田1-1-20 県庁舎本館14階

電話番号:028-623-2452

ファックス番号:028-623-2456

Email:sabou@pref.tochigi.lg.jp

広告